わらうりブー

自由で無限の「本来の自分」を思い起こすこと それを伝えるブログです。

「人生」なんて捨てちまえ

スピリチュアリティーを体現するとか、

創造的に生きるとか、

はてまた(・∀・)

神様とかハイヤーセルフとか宇宙の真理とか、なんか高次元の存在とつながるとか、

いろんな言い方がありますが、まあ、突き詰めると、どれも同じことを言っているわけです。ただ、

「そのまま」(・∀・)

でいろと。ま、

「何もしなくていい」

と、いいうことです(´∀`)


ニンゲンの思考は「そのまま」が大嫌いです。「そのまま」だったら、とても悪くなると思っています。だから今の自分の状況をもっと違うものに変えたくてしょうがない。今の状態から少しでも前進して、進歩していかなくては、良くない結果が待っている。無意識にそう思いこんでいます。
「そのまま」で「何もしなくていい」で、いいはずがありません。
(´・ω・`)

でもね、「そのまま」でいいんですよ。

何もしない。
(・∀・)


何もしないと言っても、じーっと動かないのではありません。ただ「こうすればよくなる」とか、「これをしたほうがいい」、「こうしなきゃいけない」とか思うことをやめるだけです。そんなあれやこれやをやめても、あなたはゼッタイに何か行動しますので。

「もっと良い人生にしたい」

それを思うことをやめるってことです。これが「そのまま」で何もしないってことです。早い話が人生捨てろってことです。
w(゚o゚)w オオー!


ハイ。では、さっそく、

捨ててください、この人生

ぽい(´∀`)ノ⌒゜


今すぐできます。簡単です。「手放す」って、イヤっちゅーほどやってきたでしょ? これこそ「手放す」です。はいはい、さっさと捨てて捨てて。

ぽい(´∀`)ノ⌒゜



「あー、こんな人生、もうどうなってもいいや」

こうなりましたか? なったら、よくできました。
(´∀`)ノ


さて、人生捨てても、当たり前のように体は生きていますし、思考も動いています。おまけに、たったこの『いま』も、なーんも変わらずあります。

そして、人生捨てても何もしないなんてことはありません。ゼッタイになんかします。のどか渇いたらなんか飲むし、部屋が汚れていたら掃除しようと思うかもしれません。ふと、どこかに出かけようとも思うかもしれない。これが、

「創造的に生きる」

ってことなんですよ、実は(´∀`)

カッコイイ言い方をすると「解放」です。スピリチュアリティーの体現。これで神様かなんかしらんけど、高次元の存在とつながっておるのです!


「人生」なんて捨てても、あなたは昨日までと99%変わらずに生きます。ただ、

「もっと良い人生にしたい」

と、思わなくなっただけです。これだけのことで、なんか知らんエネルギーが本来の場所に戻るのです。そして、今すぐにはなーんも起こらないけれど、なんか知らんところで、すごい変革が起こり始めるのです。

「そのまま」で「何もしない」でいても、どんどんなんか知らん何かが変わって行く。これをブッダは「諸行無常」と言ったのかもしれません。「そのまま」でいても、「そのまま」でいることなんか、ゼッタイにできないのですよ。
(´∀`)



「解放」というのは、「もっと良い人生にしたい」から解放されること。

「自由」というのは、「もっと良い人生にしたい」から自由になること。

簡単じゃねーか。

人生を捨てるだけだ。

ぽい(´∀`)ノ⌒゜


安曇野のお散歩
IMG_7562

あれは鹿島槍ヶ岳だねー。
IMG_7576

展望の良い所まで登って、
どーんと北アルプス(・∀・)ノ
IMG_7588


「なんか知らんけど」

ちょっと雑談、というか軽い記事です(・∀・)


私たちの思考は「〇」か「X」か、「正解」か「間違い」かをハッキリさせないと気が済まないようにできて、さらに、「結果」には必ず「原因」があり、それもハッキリさせないと落ち着きません。

思考って、そういうもの(・∀・)

です。

なんかわかんないけど、コロナに感染する人が減った。そういう「結果」に対して、「なんで?」と「原因」を考えます。
みなが自粛して人流を減らしたから、ワクチンをたくさんの人が打ったから、などなど、その「原因」を考えます。「原因」がわからないと、気持ち悪くてしょうがないのです。

実際、コロナに感染する人は2、3か月のサイクルで増減していて、ただウイルスの自然のサイクルが、

「なんかわかんないけど、そういうだけ」

なんじゃね? と、私ウリエルは思っているのですが、もはやそれは確かめようがないですね。比較する「人流制限もワクチンもしてない日本」が存在しないので。
(´∀`)

温暖化もそうですね。地球ってのは何億年もの間、暑くなったり寒くなったりしてきたわけです。いま起こっている温暖化も、「なんか知らんけど」暑くなったり寒くなったりしているサイクルの中の、ただの一部なんじゃね? と、思うわけですが、この

「なんか知らんけど」

が、ニンゲンには気持ち悪くてしょうがない。だからテキトーな「原因」を勝手に作っているような気がします。


でも、この「なんかわかんないけど」とか、「なんか知らんけど」を解明していくことが、科学であり、それによって人類は発展してきたわけです。だから「なんかわかんないけど」や「なんか知らんけど」をハッキリさせることが「〇」で、曖昧なわからないままにしておくことは「X」
ニンゲンはそういうふうに生きてきました。それはそれでいいことなのです。大事なことです。だから、学校で教わることも、「なんかわかんないけど」や「なんか知らんけど」では、基本的に「X」です。


だけど、この世界はニンゲンの知ることができる範囲だけで、できていないのです。
(・∀・)ノ

まだまだ、ニンゲンには、

「なんか知らんけど」

のほうが、ずーっと多いと思います。そう思いませんか?

だのに、「なんかわかんないけど」や「なんか知らんけど」のままで放置しておくことが気持ち悪くてしょうがない。それだけの理由で、無理やり「原因」を見つけて、何か理由付けしている。みなさんも、そんなことしていませんかね?

「なんか知らんけど」

は、「X」ですから。
(´・ω・`)

そうすると、なんか偏ってしまいますよね。信念や思想や価値観、善悪って、そうやって生まれてきていることに気づきませんか?


でもね……(´∀`)

みなさん自身も、

「なんか知らんけど」

生まれてきたんですよ。「なんか知らんけど」生まれた来たのに、そんなものに役割とか意味とか、ましてや正しいとか間違いとか、あると思うほうがおかしいと思うんですけどね?
(´∀`)

私たちは「なんか知らんけど」の大海原を漂っています。そもそも、私たち自身が「なんか知らんけど」ここにいるわけですから。そんな、

「なんか知らんけど」

だらけの世界に、「なんか知らんけど」ただいるんですよ。無数のわからないこと、わかりようがないことにうずもれて生きているんですよ。だから、

「なんか知らんけど」

のままでいることに、慣れてください。「なんか知らんけど」のままで、まったく問題ないんです。「なんで?」と問うだけでいいんです。その問いの答えは、

「なんか知らんけど」

です。それが正解なんです(´∀`)

「なんか知らんけど」のままでいることは、どちらにも偏らないことです。「二元」の世界からの脱却です。『真実』に気づくためには、「なんか知らんけど」でいることなんです。逆説的で、いかにもスピリチュアルでしょ?(笑)
そう、『真実』は「気づく」ものであって、思考で解明するものではありません。というか、できません。そのためには、あらゆるものに、ただただ中立でいないとね。

「なんか知らんけど」

は、常に中立です。


どうして人生はうまくいかないのか?

どうして私は悟れないのか?

どうしてこの宇宙はあるのか?

「なんか知らんけど」

です(・∀・)ノ


乗鞍岳のつづき(´∀`)
IMG_8001

IMG_7973

IMG_7988






「ととのう」(・∀・)

さて(・∀・)

久しぶりに記事を書こう。


この心や身体をとりまくこの世界では、常にいろんなことが起こって、そのたびに心や身体はそれらに巻き込まれます。そして、「私」はこれを「問題だ」と判断し、それを解決しようといろいろなこと試みます。

けれど、頭の中でいろいろこねまわして作り出した「意見」で、その問題を解決することはできません。できないんですよ。知らなかったでしょう?

ときどき、頭で考えて解決することもありますが、それは実は、あなたが考えて導き出した答えや決断ではありません。どこからともなくやってきた

「ひらめき」

なのです。どこからやってきかは不明。不明なんですよ。
(´∀`)


考えて答えを出そうとする「私」がいなくなったとき、自然に正しい行動が生まれます。だから、

「そのまま」

でいなさいと、言うのです。自然に生まれた、その正しい行動が「ひらめき」なのです。


「そのまま」でいるには、この今に起こっている事実を、ただ事実として見なければなりません。事実を事実として見るには、すべてを受け入れなければなりません。すべてを受け入れるには、あらゆる対立や抵抗を手放さなければなりません。
でも、受け入れられないのなら、受け入れられないというのが事実ですので、それを受け入れればよいだけです。対立や抵抗を手放せないのなら、それが事実ですので、それを受け入れればよいだけです。
今起こっている事実を、他のものより好んだり嫌ったりすることがなくなったとき、すべてが

「ととのう」

状態になります。「ととのう」は「整う」ではなく、「調う」とい字を使います。調和するという意味です。

というか、ずーっと調っているのですが、それを「あーでもない、こーでもない」と勝手に大騒ぎしているだけなんですが。
(´∀`)
だから、いろんなことが起こって、それに巻き込まれても、放っておけばよいのです。「そのまま」にしておけばいいのです。
慣れないうちはなんだかやりにくいですが、コツがわかってくると、なーんてことありません。コツをつかむだけ。ラクチンですよ。


さて(・∀・)

その放置している自分は誰ですか?

ただ巻き込まれている心や身体を「見てるだけー」の、

「見ているヤツ」

ですよね。それが「本来の自分」なんですよ。「気づき」なんです。そして、それが『愛』だなんて、思考にはとんとわからんですけどね。思考が思っている『愛』とは、ぜんぜん違うので。

その「見ているヤツ」が「気づき」で「本来の自分」だと知ることが「悟り」です。「見ているヤツ」は観照者で、それはただの意識で「空」です。ただ「在る」としか言えない、言葉では言い表せない何か。
私たちはそれを知るだけでよいのです。衝撃的な神秘体験や、至福の体験なんて別にいらないし、なくてもいいんですよ。
(´∀`)

一気にわからなくてもいいんです。なーんとなく、だんだんわかってくれば。

そして常に調っているし、何が起きても調うとわかれば、それでいいのです。



雲の上の人になってみた(・∀・)
IMG_7970

IMG_7952

IMG_7940
乗鞍岳@岐阜県高山市

ギャラリー
  • 「人生」なんて捨てちまえ
  • 「人生」なんて捨てちまえ
  • 「人生」なんて捨てちまえ
  • 「なんか知らんけど」
  • 「なんか知らんけど」
  • 「なんか知らんけど」
  • 「ととのう」(・∀・)
  • 「ととのう」(・∀・)
  • 「ととのう」(・∀・)
プロフィール

笑うウリエル

「わっかっちゃった人」俗に「覚醒した人」というらしい。
この世が面白くて楽しくて仕方なく、それをみんなに言いふらしたいだけのバカ。旅人でもあり、言いふらしにどこへでも行くもっとバカ。
ちなみに職業は、たこ焼屋さん

メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ