『いま』の

「最も愛しているもの」

みなさんは、何だったでしょうか? (・∀・)

大事なことは、正直に自分自身を見るということです。正直さは、誠実さでもあります。

完璧な人などいません。だから、貪欲なものや、道徳的でなくて人に言えないような欲望が見えることもあるし、自分でも明らかにしたくなかった欲望が見えてくるかもしれません。

そういうエゴから来るものとしか思えないものが、『いま』の「最も愛しているもの」であってもいいのですよ。それにワクワクする自分がいてもいいのです。それがニンゲンなんですから。
『いま』この瞬間は、それを愛していて、「人生」はそれを見せているのです。だから、それをそのまま受け入れてください。自己批判などしないように。

「私」はこういうヤツだ!

と、正直に認めればよいだけです。喜んで受け入れてください。
(´∀`)


「最も愛しているもの」が、単なる欲望としか思えないもであっても、それはハートの中で本当に愛しているもの、というか、『愛』そのものを反映してます。つながっているということです。なので、それをただ貫いてください。『いま』のこの瞬間に、最大限に従事してください。「最も愛しているもの」がお金でもセックスでもいいんです。通帳を見てニヤニヤしていることが、『いま』この瞬間の「最も愛しているもの」だったら、そうすればいいんです。貫いてください。

それが『ありのまま』ということです。

(´∀`)ノ



「本来の自分」が「私」という個人を通して夢を見ている。

「本来の自分」が「人生」という物語を体験している。

このことを、よーくかみしめてください。なーんで、わざわざこんなことをしているのか?

「本来の自分」は「神様」と置き換えてもいいです。神様がこの「私」を通して、この『いま』を体験しているのです。それがエゴの醜い欲望であっても、それを体験しようとしているのです。体験しようとしているのですから、ただ素直にそれに従えばよいのです。その体験によって、「苦しみ」が生まれることだってあるかもしれません。だったらその「苦しみ」を体験すればよいのです。それだけのこと。それだけのことです。


自分自身に完全に正直でいるということは、人生における最大のチャレンジと言えるかもしれません。そして、

「人生」のすべて(・∀・)

が、「本来の自分」に目覚める、「本来の自分」に戻る道なのです。だから、とことん、この『いま』の瞬間に、ただ従事してください。この『いま』の瞬間から避難するために、スピリチュアルを利用してはいけません。『ありのまま』というのは、どんな思考や、どんなスピリチュアルよりも現実です。「ド現実」なのです。

この「ド現実」を、無条件に貫いてください。常に完全に正直でいようとしてください。ときには、この「ド現実」を貫いているようなフリさえしますので、よくよく注意して自分自身を見てください。自分を隠してはいないか、自己批判をしてはいないかを、よーく確認してください。

「正直でいることは、最大のチャレンジ」

これを自分自身に言い聞かせ続けてください。
チャレンジなので勇気がいりますね。でも勇気はいりますが、なんの努力もいりません。ただ「ド現実」に従うだけですから。そもそも努力というものは、自己批判が出発点になってますから。『いま』にいようと努力するのではなく、ただ『いま』に従うのです。
(´∀`)ノ


『いま』この瞬間の、「最も愛しているもの」に献身してください。

最大のブレイクスルーというのは、そのうち、予期せぬときに、予期せぬところから起こります。
(´∀`)


ロボット水門(・∀・)
IMG_8455
昭和7年に作られた水門。
なぜこのデザインにしたかはナゾなんですって。
IMG_8463
@岐阜県岐阜市