ほとんどの人が、ちょっとした

かんちがい(・∀・)

を、しているだけです。

「本来の自分」も「私」だと

(´∀`)

「本来の自分」はどこをどれだけ探しても、決して見つかりません。当たり前です。自分は自分で、ここにしかいないからです。探している本人が探しているものなんで。
(・∀・)

あなたは今、自分が何を考えているか見ることができます。ということは、その考えていることは自分ではないということです。自分じゃないから見れるんです。
それから「私の考え」と言ったりしますね。ということは、その考えは「私」でもありません。その考えが「私」だったら、「私の考え」とは言えません。

あなたは自分の感情も見ることができます。「いま怒っている」とか、「こんなにうれしいなんて!」とか。自分の感情も見れます。感情も自分じゃないから、見ることができるんです。
もちろん、感情も「私の感情」とか「私の気持ち」、「私の心」とか言いますので、感情も「私」ではありません。
(・∀・)


ところで、そのへんの物体ならば身体の「目」で見るわけですが、考えや感情は、いったい何で見ているのでしょう?

何で見てるんですか?

何で見てるんだろう……(´・ω・`)

何で見てるかわからないけど、確かに見ています。

ただ「見ている」だけがある

そんな感じですよね。そのただ「見ている」、自分で自分を「見ている」、その「見ている」、
えーと、それが

「本来の自分」でっせ(・∀・)ノ

それ「私」じゃありません。それが「本来の自分」です。それが「気づき」とか言うヤツです。

以上。おわり(´∀`)


「見ている」は、取り出すことも指し示すこともできませんね。自分自身が「見ている」に気づくことが精一杯。それ以上はできません。だから「気づきがそれ自体に気づくのです」、みたいな、わけわかんない言い回しになっちゃうのです。

んで、そのただ「見ている」が本当の自分、「本来の自分」なんですよ。誰が見ているのかはわかりません。自分なんだけどわかりません。確かに自分で間違いないんだけど、その正体は不明なので、以前は『誰だかわからない』さんと呼んだりしてました。わからないけど、自分です。モロ自分です。メチャクチャ自分で自分以外の何者でもありません。


でー(・∀・)

この「見ている」が、この身体、肉体の中に閉じ込められている。または頭の中、思考の中の産物だと、多くの人が思いこんでいるわけです。この思い込みが「分離」です。この「見ている」も、「私」という個人の「一部」だと思いこんでいるんですよ。

よーく、注意してくださいよ。

この「見ている」の中に、

ぜーんぶあるでしょ?(・∀・)

そのへんにいる人も、木も建物も空も、あらゆる景色をぜーんぶ「見ている」でしょ?
それ、肉眼で、身体についている「目」で見ているような気になっていただけで、実は思考や感情を見るときと同じもので見ていませんか?

肉眼の「目」をつむると、何も見えなくなる。

のでは、ありません。肉眼の「目」をつむると、

真っ黒が見えるんです

その真っ黒を「見ている」、その「見ている」が「本来の自分」ですよ。思考や感情を見るときと同じ「見ている」です。

目を開けると、再び目の前の景色が見えます。でも、その景色、肉眼で見ているんじゃないんですよ。真っ黒を見ていた「見ている」が見ているんですよ。肉眼に入ってきた情報を「見ている」

その「見ている」は、肉眼に入ってくる光景も、頭の中の思考も、心に起こる感情も、いっぺんに見ているんです。さらには体に何かが触れた感覚とかも見ている。音も見ている。味も見ている。ぜーんぶ同時にいっぺんに見ていますよ。それが

「本来の自分」

です。

それ、「私」じゃないんです!

だって、「私」のすべてを、

見ることができるでしょう?


以上。
もいちど、おわり(´∀`)ノ

花手水(・∀・)
IMG_8532

IMG_8522

IMG_8530
日吉大社@滋賀県大津市