「本来の自分」は、この体でも心でもありません。

日ごろ「私」だと思っている、どれでもありません。

「本来の自分」を言葉で表現することはできません。形も色もないので、「これだよ」と見せることもできません。もちろん、ニオイも味も感触もありません。

だから、「本来の自分」はこれだ、こういうものだと、ちゃんと文章に書けた人は、長い人類の歴史の中で誰もいません。

なので、今までの「知る」という方法が、まったく役に立ちません。どんなにたくさんの本を読んでも、どんなにたくさんのことを経験しても、まったく役に立ちません。

完全に忘れている「本来の自分」が、

自らを思い出すのを待つしかない

わけです(´・ω・`)
これは、ほとんどの人にとって、今までやったことのない新しい挑戦になります。


ただ、私たちは「本来の自分でないもの」を自分だと思い込みすぎて、それを勝手に「私」だと決めつけて、そうやって長年生きてきてしまっているので、なかなかスルッと思い出せないわけです。
そういった、たくさんの思い込みから、少しずつ抜け出して行く必要があります。このブログは、それのお手伝いをしようとするブログです。
(・∀・)っ


「本来の自分」、それは無限で、ものすごいエネルギーです。あなたのあらゆる能力や可能性、創造力のミナモトです。

「本来の自分」、それは「絶対の幸福」です。

「本来の自分」、それは完全な自由です。

これを知るために、私たちはこの世界に生まれてきたのです。

そして、これを生きるために、私たちはこの世界にいるのです。
(*゚∀゚)っ

それ以外は、なーんにもいらないのですよ。
(´∀`)ノ

そして、「本来の自分」を思い起こす以外に、人は「幸福」になることはありません。



ではでは、序章はこの辺にして、本論に入って行きましょうか。
とはいっても、体系的な学問ではない、ただ思い出すだけのことなので、お寿司屋さんがテキトーにネタを握って出すみたいな形式でしか書けません。細かいことは気にせずそれをパクっと味わってください。お寿司も、どこそこ産の魚とか今が旬だとかいうノーガキよりも、もうただ美味しかったら、それでいいわけですから。

あ、それから旧ブログからお越しのみな様、
「誰ワカさん」と「本当の自分」は、もうひとつに統合しちゃって「本来の自分」になっております。
その方が自然でわかりやすいので。

ではでは(´∀`)ノ

れっさーぱんだ
IMG_6223
@姫路市立動物園