わらうりブー

自由で無限の「本来の自分」を思い起こすこと それを伝えるブログです。

第一章

全員、自意識過剰

アダムとイブが、食べちゃダメという実を食べてしまった、

「罪」 (゚д゚;)

をやっちまってから、全人類は「罪」を背負うことになりました。「原罪」と言います。

これによって人々は、自分はこの広い世界の中に生きる小さな一個人で、自分と他人は別々だと錯覚するようになりました。カンチガイです。そう、「罪」とはこのカンチガイのことなのです。

この「罪」により、ひとつだった世界がふたつに割れました。体の内側と外側という、ふたつの世界になっちゃったわけです。「私」に「分離」したのです。これを

「二元(にげん)」

と、言います。エデンの東は「二元」の世界。
(´・ω・`)

体の内側には、もちろん内臓や骨もありますが、思考や感情が入り混った心もあります。
この思考や感情が入り混じった心、これが体の内側にあって、外側とは関係ないというのも、また錯覚、カンチガイなのです。最大級の「罪」です。

心が体の内側にあって、外側とは別々だという思い込みは、人をものすごく不安にさせます。外側は危険や悪がたくさんあるからです。だから、私たちはその危険や悪から身を守るために、たくさんの信念を持つようになりました。その信念が積み上がったものが「私」です。
(´-ω-`)

「私」は孤独です。だって、体の内側には他に誰もいません。他人は全員、外側にいますから。この危険や悪でいっぱいの外側の世界で生きて行くのには、不安でしょうがありません。だから、仲間や指導者や手下、そして、愛し愛される人を求め続けてしまうようになりました。そして、少しでも「私」が安全で安心できるような状態を作ろうと、彼らをコントロールし始めました。
さらに、少しでも安全で安心な環境をつくるように、財産もため込み始めました。財産をため込むためには、この「私」もコントロールしていかなくてはいけません。

つまり、みんなそうしているわけで、

壮大な「コントロール合戦」!

に、明け暮れているのが、私たち人間です。ハイ。

アダムとイブは、ホントにえらいことをしてくれたもんです。ハイ。
( ̄▽ ̄)


えと、ここまでは前置きです。長かったけど。
(´∀`)ノ

んで、この錯覚、カンチガイに気づいて、本来の自分に戻らないことには、死ぬまでコントロール合戦の戦場で闘い続けにゃならんわけです。これは、たまったもんではない。アダムとイブがリンゴを食べる前に戻らにゃ、しんどいばかりの一生が続く。やはり「一切皆苦」

そこで、ふと思うわけです。思ってほしい。

体の内側と外側が別々だというのが錯覚、カンチガイならば、体の内側と外側は別れていない、ということです。
けれど、内臓や骨は、どう見ても体の内側にあります。外側にあったら、それ、内臓飛び出してますので一大事です。ということは、

心?(´・ω・`)

あれ? 「こころ」って体のどこにあるのでしょうか?

脳ですか? でも、胸の内なんて言葉もありますよ。胸の中ですか?

そもそも「こころ」って、なんなんでしょう?
心って、頭の中で考える思考や、好きとか嫌いとか、快だとか苦だとかの感情、そして記憶が入り混じったよくわからないものですよね。
心も観察できますよ。観察者の「見ているヤツ」になって、自分で観察できるので、本来の自分ではありませんよ。

ここまで書いて、なーんとなく気がついてきませんか?

私たちは何かをごっちゃにして混乱してるのだと。それが錯覚、カンチガイの「おおもと」だって。

あのね、「意識」ってありますよね。朝起きて活動を始めたら、寝るまでずっと「意識」があります。「意識不明の重体」とか言いますよね。その意識。「意識高い系」の意識とはちがいますよ(笑)
自分が今どんな状況で、何をしているかわかっている「意識」です。

この「意識」を心と混同している

これが錯覚、カンチガイです。

「意識」は心じゃないんです。だって、何かに夢中になって無心だというときも意識はありますもんね。ものすごくボケーッとして何も考えない、何の感情もないときも意識はあります。

じゃあ、「意識」ってなんやねん?

あれ?

「空」

じゃ、ありませんか?(´∀`)


この「意識」は心でないのに、心だと思い込んでいるのが「自意識」です。「私」「自我」「エゴ」
なので、全人類、

「自意識過剰」

なんです(´∀`)

本当は「意識」の中に心があるよ。まず、それ、わかってほしいな。


瀬戸内の海
000
@兵庫県相生市

「自分らしく」はやめなはれ

「静けさ」、「静寂」、「沈黙」、わかったかな?
(・∀・)

ただ、耳鳴りを聞いているほうです。これだけ
(´∀`)ノ

この耳鳴りを聞いている、なんにも音がない空間のようなものが、まだよくわかんないでしょうけど、「本来の自分」なのです。
このなんにも音がない空間のようなものは、同時に「見ているヤツ」でもあります。わかるかな?
だから、ブッダは自分は

「空(くう)」

だと、いいました。なーんもないよって(・∀・)
般若心経で「色即是空 空即是色」と言っている、「空」です。「本来の自分」は、「なーんもない」なのです。

ただ、この「空」に気づいても、3秒くらいしか最初はいることができません。すぐに頭の中の「おしゃべり」とか、感情とか、なにか他の物や事に注意がいってしまいますよね。これを夢見に引き戻されると言います。

この、「空」にいる時間を、地道にちょっとずつ延ばして行くわけです。そのためには、記憶の寄せ集めである「私」を、ちょっとずつ崩していくわけ。この「私」の解体作業には、なかなか時間がかかります。なんせ、物心ついたときから、それはもう数多くのいろんな記憶が「思い込み」となって積み上げられていますから。
(´・ω・`)

その解体作業の「ヒント」を、このブログで書いていきます。
でも、基本的に「空」にいれば、解体作業は勝手に進みます。「導き」です。「空」は、それ自体が自律しておりますので。

あ、「空」、「静けさ」、「見ているヤツ」が、ぜんぜんわかんないという人は、感情のエネルギーをよく感じることをしてください。その中でもネガティブな感情がよいです。ネガティブな感情が出てきたら、そのときの感情を頭でなく、体でじっと感じてください。操作しないでね。
(・∀・)


「本来の自分」は、ホントになーんもないのですが、それ自体が自律しています。不思議ですがそうなんです。だから神で阿弥陀仏で大日如来なんです。
(・ω・)?

なので、あなたはなにも選択しなくてよいし、誰とも何とも闘う必要がありません。
自分自身をより高い段階に上昇させようとしなくていいし、どうすれば充実するかなども考える必要もないんです。ただ、「本来の自分」が織り成す物語、それをありがたく受け入れるだけでいい。


「本来の自分」

いちばん奥底の自分、「空」、これには自律、独自の旋律が最初からあり、これがいちばん

「自分らしい」

のです。あなたは自分らしく生きようなんて思う必要すらない。すべての「自分らしく生きよう」と思ってやることが、自分らしくないのです。

そして、「幸福」は、このなーんもない空間のようなものに、最初からすべてある。なーんもないくせにすべてある。なーんもないくせに神で阿弥陀仏で大日如来。
(´・ω・`)
頭では理解できませんよ。でも、だんだんわかってきます。だから、最初から

「幸福」になろうとする必要もない

(´∀`)

のです。逆にすべての「幸福」になろうとする行為が、「幸福」から離れて行く。


巷にはたくさんの宗教や自己啓発セミナー、スピリチュアルのセミナーが溢れかえってますよ。この方々の商売をジャマする気はありませんが、その大半が、まあ言うなら単なる「情報商材屋さん」です。それでメシを食っている以上、とどのつまりはそうなります。
そういった「情報商材屋さん」たちの言うことに耳を傾け、実行するのも悪いことではないでしょう。それもまた、必要な経験なのかもしれません。
でも、しょせんは、

遠回りするだけ(´д`;)

になりますよ。

だって「幸福」は、ずっとここにあるんですから。探す必要も、求める必要もありません。

ただ、この「空」が「絶対の幸福」で、神で阿弥陀仏で大日如来だったって、すっかりスッキリ、忘れているだけです。

アホですね、人間って(´∀`)

だから、ワタシャ、人間が大好きです。


IMG_0663
淡路花さじき@兵庫県淡路市

よーく聞け

まったく雑音のない静かな部屋で、プレーヤーで音楽を聴きます。
(・∀・)ノ

プレーヤーの電源を入れるまでは、まったくの無音。音がありません。「静けさ」だけがあります。そこで電源をオンにすると音楽が流れ始めます。部屋の中にメロディーが響きます。

さて、ここで問題です。音楽を流す前にあった「静けさ」はどこに行ってしまったのでしょう?
(・ω・)?

いえいえ、どこにも行ってませんよね。「静けさ」の上に、または「静けさ」の中に、メロディーが流れ、音が響いているのですよね。ということは、音楽が流れているときも「静けさ」は変わらずあり続けている。そういうことですよね。
このことが、わかりますか?
(・∀・)

白い紙の上にいろんな色で絵を描いた。白い部分がなくなったからといって、白い紙はなくなってません。これと同じ。
このことが、わかりますか?
(・∀・)

んでは、この音楽と「静けさ」、聞き分けることができるでしょうか?

できる? むずかしい?(・∀・)

音の中に「静けさ」というベースがあることを発見してください。

「静けさ」があるから、音が認識できる。このことがわかりますか?

ちょっと、聞き分けることができるようになるまで、いろんな音をよく聞いてみてください。「静けさ」は騒々しい工事現場にもあります。
または自身の耳鳴りしか聞こえないような静かなところにもあります。耳鳴りと「静けさ」も聞き分けることができます。

そう、耳鳴りですら「静けさ」があるから聞こえるのです。ということは、「静けさ」は

自分自身の中にある

ということです。部屋にも工事現場にもありません。「静けさ」は自分自身の内側にあるということです。

この「静けさ」は、精神世界の書物などでは、

「静寂」とか「沈黙」

と表現されています。「静けさ」はシーンとしています。恐ろしいほどの無音です。
そして、「静けさ」は

「気づき」

とも、表現されます。そう、「気づき」とは、この恐ろしいほどのシーンだったのです。シーンという音すらない「静けさ」のことです。


みなさん、頭の中でいつもいろんなことを考えてますよね。頭の中で「おしゃべり」をしてます。頭の中で歌を歌うときもありますよね。
その「おしゃべり」や歌を聞いているのは、この「静けさ」ですよね。わかりますか?

そして、この「静けさ」は、

「見ているヤツ」

ですよ。同じですよね。「見ているヤツ」が沈黙して聞いているのです。「聞いているヤツ」もしています。

わかるかな? むずかしい?(・∀・)

この「静けさ」、音の中にあるシーンを聞く。聞くというより発見する。これに挑戦してみてください。

わかった! という人は、この「静けさ」が、いつでもどこでも変わらずにあり続けていることに気づいてください。

この「静けさ」が、

いちばん奥底の自分

です。つまり「本来の自分」です。

だから、いろんな音をよーく聞いて、その根源にある「静けさ」に出会ってください。ないはずないので。
(´∀`)

そして、無理なくこの「静けさ」に居続けることを、瞑想と言います。

瞑想とは、いちばん奥底の自分にいることだったのです。意識して「静けさ」を作り出すことでは、ありません。
(・ω・)ノ

夫婦岩
IMG_8264
二見興玉神社@三重県伊勢市

「私」ってただの記憶の寄せ集め

で!(゚∀゚)

自分って、この体でも心でもない。「私」というのはニセモノで、ぜんぶ錯覚だったということに気づくには、どうすればよいのでしょう?

結局のところ、まずは観察者、つまり、

「見ているヤツ」

に、なって、ひたすら体と心を観察することから始めるしかありません。その「見ているヤツ」が、本来の自分なのですから。
(´∀`)

とても地味です。そして、慣れないうちは、意外と難しいと感じますし、「いったいこんなことしてどうなるねん?」とも感じます。
おまけに、試験問題やクイズのように、はっきりとした答えもありません。わかったのかわかってないのかもわからない。そんな状態が続きます。
そして、体と心の観察と言っても、人によってそのやり方やポイントは様々で、自分自身でそれを見つけて行くしかありません。
(´・ω・`)

まずは、心に目を向けましょうか。

とくに、不安とか、自己嫌悪感とか、嫉妬とか、そういったネガティブな感情に目を向けてあげてください。
今までは、それらが現れたら「操作」をして、その感情を打ち消したり、別の感情にすり替えたりしていたわけです。無意識に瞬時に。そういった「操作」をやめて、現れるままにすることを始めてください。
ほとんど無意識にいろんな「操作」をしようとしますので、よく注意して、いちばん純粋な最初に現れたネガティブな感情を取り出して、それを感じ切る。

感情が現れるときって、体にも何か反応が現れます。胸の中のモヤモヤとか、背中がチクチクとか、こめかみがキリキリとか、何かエネルギーのカタマリのようなものが体のどこかに現れるので、それをただよく感じてください。それが感じ切るです。


「私」だと思っているものは、

ただの記憶の寄せ集め

なんです。その記憶には、何かイヤなことがあって感情を「操作」して、うまくいった記憶もあって、そのときうまくいったから、それ以降も何回も、その方法を使うようになってしまっているんです。それが「クセ」になってるんですよね。その「クセ」をやめるようにするわけです。
その「クセ」のせいで、現れた感情が元いた場所に戻れなくなってしまっています。だから同じようなイヤなことが何回も起こるでしょ? 
それがホントの「引き寄せ」なんですけどね。元いた場所に帰りたいから、何度も同じことを「引き寄せる」わけです。
(´∀`)

すぐには「クセ」はなくなりません。何重にも積み重ねて強固になってますから。おまけに、いろんな「クセ」が絡まり合って複雑怪奇になってます。これをコツコツとほどいていくわけです。でも、エネルギーが元いた場所に戻れば、「クセ」も勝手に消えます。だから時間がかかります。一気にたくさんの「クセ」が吹っ飛ぶ人もいますが、それは稀です。そういうケースは、ほとんどが絶望のどん底に落ちる出来事があったときです。自分からそこに行くのはフツーは無理です(笑)
だから、コツコツとね。

高次の存在とか守護霊とかと、別に交信する必要はありません。
ヒーリングもする必要はありません。
いろんな瞑想法を学ぶ必要もありません。それらも「クセ」の一種です。
(´∀`)
別の新たな記憶を積み重ね、新たな「私」を構築してしまうだけです。

私たちはある出来事に対して反応という「操作」をして、その反応にまた反応して、そのまた反応の反応の反応…… みたいなことを繰り返してしるわけです。「よくしよう」と思って。そうやって無数の「操作」を積み重ねて、今に至るわけです。
その反応をひとつずつやめていくだけ。新しい知識も手法も必要はありません。
「よくしよう」と思わなくていいんです。

そして、迷子のようになっていた感情のエネルギーが、ちゃんと元にもどっていくと、「よくしよう」も次第に弱くなっていきます。
「よくしよう」がチカラを失ったとき、エネルギーは本来の方向に向かい出します。

すると、不思議なことが気づかぬうちに起こり始めるんです。

予想しもしなかったこと。でも、それは後になってわかるので、そのときはわかりません。
何日も、何か月も、何年も後になって、

「人生って神秘なもんだ」(・∀・)

って、気づのです。だって、実は、

ぜーんぶ「思い通り」になってたんですから。

(・∀・)♪

ロウバイ
IMG_6329
昨日写しました。春はすぐそこ。
甘い香りしたよ(´∀`)
@兵庫県加古川市

「がんばる」は逃げ道

私たちは「本来の自分」を忘れてしまって、自分は体であり心であると思い込んでいるわけです。自分を体や心と「同一視」しているわけです。
(・∀・)

「本来の自分」は「見ているヤツ」なのですが、その自分自身を見る観察者も、頭の中の思考の一部くらいにしか思ってません。これまた「同一視」

そして、この「同一視」によって、新しいナゾの存在が出現しました。それが、

「私」 (゚д゚)

です。ハイ。「自我」とも言います。「エゴ」とも言います。

「私」は体や心や思考を自分と同一視すること、つまり、体や心や思考を自分だと思い込むことよって生まれたナゾの概念です。
「私」は体が自分だと思っているので、自分は「個人」であり、他人とは別々だと思い込むようになりました。さらに言うと、体の外側は自分でない。体の内側だけが自分である。そう思うようになりました。そうして「本来の自分」を完全に忘れてしまったのです。「見ているヤツ」も「私」の思考の一部にしてしまいました。このことを、

「分離」

と、言います。「本来の自分」から離れて、「私」に分離したのです。これをイエスは「罪」と言いました。仏教では「無明」、「無知」と言います。
(´・ω・`)


さて、「私」として生きると、すべてが「苦」になります。なぜなら、本当の「幸福」は「本来の自分」でないとわからないからです。私たちは「本来の自分」を、思い起こさねば「幸福」にはなれません。「私」が「幸福」になるのはムリゲーなんです。

ただ、思い起こせと言われても、そんなに簡単にはいきません。簡単に思い起こせるなら、それって忘れてないのです。
何せ「物心つく」というのが、そもそも「私」の始まりみたいなもんで、その歴史は長い。おまけに、個人の「私」として生きるように、親からも社会からも徹底的に刷り込まれましたので、
「体って、じつは私とちがうんやで」
と、言ったところで、誰もが
「ハァ?」(`Д´)
と、なります。そんな状態から思い出すんですから、これまた、たいへんだ。
(´・ω・`)

でもね、少し時間はかかるけど、必ず思い出せますよ。偉くなくても、賢くなくても、誰でも思い出せますよ。
思い出しても最初のうちは、すぐ「私」に戻ったりしてしまいますが、だんだん戻らなくなって行きますから。「自律」してますので、「本来の自分」にまかせていればいい。

そう、今はわからない。すっかり忘れてしまっているというのも、大きな意味で「本来の自分」のストーリーの一部です。旋律、メロディーなのです。だから、まずは、

「忘れてしまってる」( ̄ー ̄)

と、ちゃんと認識しないとね。それが「ありのまま」ですから。
「忘れてしまっている、でも、これでいい」
と。
思い出せない、思い出したい、どうやったら思い出せるのか、と、騒ぎ立ててもそれは雑音にすぎません。自律したメロディーに覆いかぶせた雑音です。余計に本来のメロディーがわからなくなります。

だけど、雑音が少なくなると、エネルギーが「本来の自分」に戻り始めます。というか、雑音のほうにエネルギーを無駄遣いしていたわけで、それがあるべきところに戻り始めます。

エネルギーが本来の場所で動き始めると、自律したエネルギーになると、そのうち、ひょんなことで「あれっ!?」と、思い出しますよ。エネルギーに思い出させられます。いきなり思い出す人もいますが、徐々に思い出して行くような人もいます。それは人それぞれ。


今はまだ「見ているヤツ」が「本来の自分」という実感はありませんよね。そして、それが先人たちが言った、神で阿弥陀仏で大日如来で、おそらくアッラーでカーリー・マーでアマテラスだなんて思えないですよね。「これのどこが?」という感覚ですね。それは、エネルギーが無駄遣いされているからです。

このエネルギーはものすごい。ブッダは『智慧の光』と言いました。「苦」を照らし、闇をなくすのです。私たちは必死でがんばらなくても、エネルギーの無駄遣いをやめるだけで、「幸福」になって行くようになっているのですよ。

そう、「がんばる」

いっけん、前向きな強い言葉です。でも、「私」がいくらがんばっても「苦」もなくならないし、「幸福」にもなりません。そういう仕組みになっています。なぜなら、「私」が「がんばる」って、ほとんどの場合、「苦」からの逃げ道を試しているだけなのですから。結局、雑音なんですよ。前向きでもなんでもないんです。

「がんばる」という逃げ道を試さないで、とりあえず「苦」をそのまま受け入れる。不安なら不安をそのまま受け入れる。恐怖があるなら、恐怖をそのまま受け入れる。
「見ているヤツ」がそのまま見ている、今の自分自身が、「ありのまま」です。その「ありのまま」を受け入れる。

「ありのまま」を受け入れたら、それからエネルギーが本当にがんばるかどうかを勝手に決めて動き出しますので。それに従えばよいだけです。それでうまく行くのです。うまく行っていないように見えても、

「万事良好」(´∀`)

なんです。

「主の通る道をまっすぐにせよ」と、聖書に書かれていることは、こういうことです。

なんだか、取りとめのない文章になってしまいましたが、今日はこのへんで。
(・∀・)つ

春よ来い♪ 
IMG_4816
武蔵野台駅の河津桜@東京都府中市

ギャラリー
  • あなたはニンゲンじゃないんです
  • あなたはニンゲンじゃないんです
  • あなたはニンゲンじゃないんです
  • 心の中を観察してください
  • 心の中を観察してください
  • 一体何を恐れているの?(´∀`)
  • 一体何を恐れているの?(´∀`)
  • 「自分を信じる」って何もしないことなの
  • 「自分を信じる」って何もしないことなの
プロフィール

笑うウリエル

「わっかっちゃった人」俗に「覚醒した人」というらしい。
この世が面白くて楽しくて仕方なく、それをみんなに言いふらしたいだけのバカ。旅人でもあり、言いふらしにどこへでも行くもっとバカ。
ちなみに職業は、たこ焼屋さん

メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ