わらうりブー

自由で無限の「本来の自分」を思い起こすこと それを伝えるブログです。

第三章

『幸福』という「たわごと」

ふと、記事を書こうと思いつきました(・∀・)

しかし、どの記事も結局のところ「雑談」みたいなもんですねぇ。
(´∀`)


さて......

『幸福』(゚∀゚)

は、いったいどこにあるのでしょう?

私たちは、チルチルミチルのように常に青い鳥を探しています。青い鳥を見つければ「幸福」になれるのです。そんな青い鳥を探す冒険の物語を生きています。青い鳥は様々ですね。お金、愛する人、健康、美しさ、興奮、安定、理想の自分、理想の社会、そして、悟り......

いつも、「いつか」青い鳥が見つかるのだと、次の瞬間に期待をしています。だけど青い鳥、「幸福」は、なかなか見つかりません。それもそのはず。だって、青い鳥は家にいたのですから。
(´∀`)
しかも、家にいた青い鳥は窓から逃げちゃうんですよ。そもそも、青い鳥が「幸福」だなんて、

ただの「空想」( ゚∀゚)

だったのです。


私たちの肉体は「ここ」にいます。『いま』にいます。『いま』以外にはどこにもいけません。
でも、肉体以外はずっと「空想」の物語を体験していたのです。青い鳥がどこかにいると、次の瞬間を期待して。でも、青い鳥なんて本当はいません。「空想」ですから。

私たちは一日のほとんどをそんな「空想」の中で過ごしていたんです。ということは、今まで生きてきたほとんどを、「空想」の物語の中で過ごしていたのです。青い鳥を探す冒険という「空想」!

「ぜんぶ空想だった!」( ;゚д゚)

それに気づいてください。


青い鳥は「空想」、幸福はただの「空想」

これは動かせない『真実』です。この『真実』から目を逸らさないでください。
そして、もう「空想」するのをやめてください。「空想」するのをやめて、

「私はここにいる!」(゚Д゚)

と、言ってください。声に出して言ってください。


すると「無」でしょう? まだ欲しいものが何かありますか?

あなたは、あなたが願うあなた自身なんですよ。ここが「約束の地」なんです。青い鳥という「空想」も、ここで体験して楽しんでいるんです。

「たわごと」

を、ここで楽しんでいただけなんですよ。


肉体の中にジーンとしているような感覚がありませんか? 
それを、ただ感じてください。「空想」をやめて。そして、感謝してください。ずっと「ここ」にいた肉体に。ずっと「ここ」にいたのに、忘れていた肉体に。


これが「幸福」なんですよ。「ここ」が。

『絶対の幸福』(゚∀゚)

なのです。わかりますか?


「幸福」は、すべての「空想」を手放したところにあるのです。
「たわごと」をぜーんぶあきらめた場所にあるのです。
次の瞬間に、なーんも期待しないところにあるのです。
(´∀`)


国鉄倉吉線を歩いてみた。
IMG_8328
昭和60年に廃止されているので「跡」ですね。だから歩けます。
IMG_8329
なかなかシュールな光景ばかり(´∀`*)
IMG_8318
@鳥取県倉吉市


「どっちでもいいや」(´∀`)

分離した「私」は、

「対立」

が、大好きです(・∀・)

自分と誰かや、何かと何かを「対立」させておかないと、「私」という分離を保てないし、「人生」という物語も維持できません。だけど、それはただの思考の思い込みであり、実際には「対立」はどこにもありません。

このことを知っておいてください(・∀・)


水戸のご老公が悪いヤツらに出会わなかったら、その回は物語になりません。与党と野党が「対立」していないと、選挙にもなりません。
テレビやインターネットの情報は「対立」であふれています。分離した「私」は、無意識にそれに飛びつきます。「私」は「対立」が大好きですから。

そして日常の生活の中も「対立」だらけです。私たちはあまりにも「対立」が好きすぎて、それがもう分離を維持するための、単なる「私」の思い込みだということにすら気づかなくなっています。
(´・ω・`)

正論を振りかざして誰かを批判したり、誰かより優れていると感じたとき、「私」はある種の麻薬的な快感をおぼえるのです。マウントを取ると気持ちいのです。そう、

「対立」は麻薬です( ・Д・)

私たちは「対立中毒」になっています。「対立依存症」の患者です。人を批判したり論破したりするときに、気持ちいい何かを感じているでしょう? 
さらに「対立」するものが何もないと、無理に作り出そうとしていたりしませんか?
依存症を治療するには、まず本人が依存症であることに気づかなければ治せません。だから、自覚することはとても重要です。
(`・ω・´)


オオカミがシカを殺して食べます。「対立依存症」のニンゲンは、それをつい「対立」の構造で見てしまいます。オオカミが強者でシカが弱者、善良で憐れなシカと、憎き悪者のオオカミ。
しかし実際は、シカがあまりにも増えすぎると、食べる草がなくなってしまうのです。だから適度に仲間がオオカミに食べられないと、シカは全滅してしまうのです。なので、きっとシカはこういうでしょう。

「いいんですこれで。何も問題ありません。別にオオカミと対立してません。持ちつ持たれつなんです」

と。オオカミも増えすぎてシカを食べすぎると、シカがいなくなって自分たちが飢えてしまいます。だから、適度なオオカミの数に調整されます。この構図のどこにも「対立」なんてありませんよね。むしろ「調和」していると思いませんか?
(・∀・)


「対立」に意識をフォーカスしているうちは、私たちは分離しています。物質界に囚われていると言っていいです。私たちは「対立」が好きすぎるので、無意識にそこに囚われてしまいます。このフォーカスしてしまっていることに気づいたら、ただちにフォーカスをぼやけせてください。

「どっちでもいいや」(´∀`)

って。

キミの言ってることもきっと正しいんだよ
どっちが勝っても負けても、どっちでもいいじゃないか

あの人にもきっといいところはある
自分があの人より正しいとか優っているとは言い切れない
どっちもどっちじゃないか

「対立」に没頭するのをやめて、もっと広い視野を持ってください。すると人間世界はいろんなものが「対立」しあって、それが見事に「調和」していることが見えてくるはずです。オオカミとシカのように。

これはまさしく神秘です。神聖なバランスで見事に釣り合っているのです。「かみわざ」と言わずしてなんと言いましょう。そして、私たちはこの「対立」から生じる様々な物語を、ただゲームのように楽しんでいるだけなのです。

いろんな「対立」のコントラストの中を、ただ流されて行くだけ。それが「人生」

そして、結局は、

どんな人生もいっしょ(・∀・)

なのです。


いろんなものが「対立」し合って「調和」が生まれます。そもそも「対立」がないと「調和」もないんです。そして「対立依存症」になって楽しんでいます。それが楽しいのであって、勝ち負けや、正しいや間違いのどちらかに決定すること自体に意味はありません。そのことに気づいてしまったら、美しい「調和」がそこにあります。みーんな持ちつ持たれつです。そこにはもう分離はありません。

なかなか、おもしろいですよ。

この物質界、ニンゲン世界って。
(´∀`)


「どっちでもいいや」(´∀`)

このチャランポランな響きの言葉は、実は魔法の言葉です。

いつでもどこでも、一日何回も使ってください。



大阪の景色でも貼っとこ。
IMG_8242

IMG_8257


どんな人生もいっしょだから

人はいろんなことで、絶えず頭を悩ませています。
(´・ω・`)

健康のこと、お金のこと、家族の問題、人間関係、将来の不安、老い......

「苦悩」(´-ω-`)

は、尽きることがありません。このことは誰でもなんとなく知っています。「苦悩」がない人なんていません。「一切皆苦」ですから。すべての人がそれそれの立場で「苦悩」を抱えているのです。

だのに、なぜ?

人はこの「苦悩」から逃れたり、乗り越えようとするのでしょうか?
(´・ω・`)?

どこに逃げても「苦悩」はあり続けるのです。いくら克服しても、新たな「苦悩」に見舞われるのです。あなたのまわりの人をよく観察してください。「苦悩」がない人は見つかるでしょうか?
仮に本当になんの「苦悩」もない人が見つかっても、その人はきっとこう言うでしょう。

「毎日、することがなくてつらい」

と。

( ̄▽ ̄)


どこに逃げても「苦悩」はあり、いくら乗り越えても「苦悩」は続く。

このシンプルな事実を受け止めてください。この単純明快な『真実』から目を逸らさないことが「自由」への扉です。つまりこういうことなんです。

どんな人生もいっしょ(・∀・)

しょーゆーことなんです。

あなたが病気でも健康でも、「苦悩」は同じだけあります。
あなたが大金持ちになろうが、ホームレスになろうが、「苦悩」は同じだけあります。
あなたが一人寂しく暮らそうが、愛する人に囲まれていようが、「苦悩」は同じだけあります。

「苦悩」の種類が違うだけなんです。「苦悩」そのものが消えてなくなることはありません。

「愛する人に囲まれた苦悩や、大金持ちの苦悩のほうが、今の苦悩よりラクなんじゃないか?」

そんなことはありません。今あなたが抱えている「苦悩」と、まったく同じだけあります。種類が変わるだけで、同じだけショックを受け、同じだけ落ち込み、同じだけ頭を痛めます。
どうして同じだけと言えるのか? それは言葉で説明しにくいのですが、

「必要な体験だから」

と、ひとことで言ってしまっていいと思います。
(・ω・)


どうやっても「苦悩」は続く。逃れられない。
どうやっても同じだけの「苦悩」を体験する。
ただ「苦悩」の種類が違うだけ。

このことを冷静に感じてください。「私」から離れて見つめてください。

どんな人生もいっしょ(・∀・)

なんです。本当に同じなんです。静かに見つめていれば、理屈抜きで、ただ「わかる」があるはずです。


だったら、たった今ここを生きている、この人生を変える必要があるでしょうか?
今より少しでもよくなろうとか、もっとこうあるべきだとか、思う必要があるでしょうか?

この先どうなろうが同じ

なのです。つまり、

何も変える必要がない

このことに気づきませんか?

もうどんな人生になっても、どんな人生を歩もうが結局同じ。ぜーんぶいっしょ。
成功しようが失敗しようが、健康でいようが病気になろうが、大豪邸に住もうが四畳半のボロアパートに住もうが同じ。
同じ、同じ、同じ。同じだけの「苦悩」を体験する。

このことに気づいた人だけが、「人生」という物語から離れることができます。この先どうなろうと同じなら、もう「人生」を操縦する必要がありません。意味もありません。自然に操縦桿から手を放すことが出るのです。やっと本当の「自由」を知ることができるのです。もう操縦しなくていいのです。だから「自由」です。
これが「流されるまま」であり、「解放」であり、「本来の自分」に戻るということなのです。


そして、「苦悩」があれば、そのぶん「うれしい」「たのしい」もあるんですよ。

「うれしい」「たのしい」も、同じだけあります。どんな人生になっても同じだけあります。

もちろん今までも同じだけあったのですよ。同じだけあったのに、せっかくの「うれしい」「たのしい」を、

「価値がない」

と、捨てていただけなんですよ。もっと違う種類の「うれしい」「たのしい」が欲しいと。

あなたは「苦悩」とともに、その「うれしい」「たのしい」を体験するために、ここにいるのです。だって、その「うれしい」「たのしい」は、まず「苦悩」がないことにはわからないんですから。種類はどうでもいいんです。その「うれしい」「たのしい」の感覚を体験するために、ここにいるのです。

この先どんな人生になっても、「うれしい」「たのしい」は続きます。「苦悩」が消えない以上、「うれしい」「たのしい」も消えません。だからもう、

どんな人生もいっしょ(・∀・)

なんです。

ということは、

あなたの好きに生きていいんです。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


IMG_5622
「好古園」という姫路城のお庭です。
IMG_5598
ちなみにこれらは去年の画像。もうすぐですね。
IMG_5615
@兵庫県姫路市

「私」の本性、裏の顔

「私」(´・ω・`)


というのは、ただのいろんな思考の寄せ集めです。実態なんてもんはありません。「私」なんて、

本当はいない

のです(´・ω・`)


でも、ほとんどの人が、「私」は確固としているんだと思いこんでいますよね。それに気づいておくことが大事です。自分自身を含めて、みんな「私」は確かにここにいると、そう思って生きているんだと。ちょっとしたカンチガイなんですけどね。
(´∀`)

でも、何かの拍子で、この「私」のことを完全に忘れてしまうことがあります。そのとき、とても深いリラックスが起こります。

「くつろぎ」

と、覚者がよく言っているやつです。そう、「くつろぎ」、リラックスは、「私」のことを忘れているときに勝手に起こるのです。しようと思ってするものではありません。なので、

「リラックスしてください」
「リラックスしましょう」

そんなの無理です。ハイ(´∀`)
だから、リラックス『する』などとは思わないほうがいいです。余計にややこしくなります。

じゃあ、「私」を忘れよう
「無私」でいよう

やめてください。もっとややこしくなります。
(´∀`)


「私」を「私」が忘れることなんてできません。これはもう、偶然に任す他ないですね。
ただ、忘れやすくなるようには、できないこともありません。

どうするかと言うと、それは、

「私」をよく知っておくこと

です(・∀・)ノ

「私」がどんな思考を寄せ集めて出来上がっているか、よーく見て知っておくことです。「汝自身を知れ」です。それだけです。それだけで、「私」を忘れてしまい「無私」になりやすくなります。
なんで、よく知っていたら忘れやすくなるのかはわかりません。ただ、私ウリエルがそうだったので、そう言っているだけです。ハイ。
(・∀・)


んで、「私」をよく知るには、日ごろ表面に出てこない隠れた「私」も見つけないといけません。いわば、知らなかった「私」、見て見ぬふりしてた「私」、とてでも言いましょうか。そんな、隠れた「私」、ざっくり言うと「本性」を見つけて知っておく必要があります。

見つけ方は、それほど難しいものではありません。人には必ず「反対の側面」というものがあります。表があるということは、必ず裏がある。裏が無ければ表もない。二元ですから。
(・∀・)

例えばあなたが、何かを「嫌い」だと思っているのなら、必ずその何かを同時に「好き」だとも思っています。その何かを大好きでないと、嫌いとも思えないのです。そもそも好きだったから嫌いになれるのです。
だから、何かに嫌悪感が湧き起るとき、あなたはもともとそれが「好き」なのですよ。
(´∀`)

「そんなわけない!」(ノ`Д´)ノ

と、思いますよね。でも、そうなんです(´∀`)

「嫌い」すぎて「好き」であるはずがないものが、実は「好き」 めちゃくちゃ大好き。

これに気がついて、これを認めて受け入れると、なぜか「私」のことを忘れやすくなってしまうんです。なんか知らんけど。結果的に「無私」になることが増えていきます。なんか知らんけど。


それから、「怖くない」と思っているものありませんか? それ、実はめちゃくちゃ「怖い」から、そう思えるんですよ。本当におそれていないのなら、怖いとか怖くないとか思うこともありませんから。
「興味がない」は「興味がある」から、そう思うんですよ。本当に「興味がない」なら、「興味がない」ことに気づくことはあっても、日ごろから「興味がない」と思うことはないです。


こんな感じで、「私」の表裏を両方見て知って行ってください。表に出ている部分があるのなら、かならずその裏面もある。「裏の顔」がある。この原則に従って「私」をつぶさに見て行ってください。
隠れていた「私」の本性に気づいて、それをと認めてゆるして受け入れる。心から愛する。この作業をコツコツとして行くと、

「無私」は自然に訪れます

なんでか知らんけど、そうなんです。

「私はいない」

が、突然に訪れるのです(´∀`)
なんでか知らんけど。


北海道大学でも貼っておこう(・∀・)
IMG_5469

IMG_5481

IMG_5489
@北海道札幌市

「人生」なんて捨てちまえ

スピリチュアリティーを体現するとか、

創造的に生きるとか、

はてまた(・∀・)

神様とかハイヤーセルフとか宇宙の真理とか、なんか高次元の存在とつながるとか、

いろんな言い方がありますが、まあ、突き詰めると、どれも同じことを言っているわけです。ただ、

「そのまま」(・∀・)

でいろと。ま、

「何もしなくていい」

と、いいうことです(´∀`)


ニンゲンの思考は「そのまま」が大嫌いです。「そのまま」だったら、とても悪くなると思っています。だから今の自分の状況をもっと違うものに変えたくてしょうがない。今の状態から少しでも前進して、進歩していかなくては、良くない結果が待っている。無意識にそう思いこんでいます。
「そのまま」で「何もしなくていい」で、いいはずがありません。
(´・ω・`)

でもね、「そのまま」でいいんですよ。

何もしない。
(・∀・)


何もしないと言っても、じーっと動かないのではありません。ただ「こうすればよくなる」とか、「これをしたほうがいい」、「こうしなきゃいけない」とか思うことをやめるだけです。そんなあれやこれやをやめても、あなたはゼッタイに何か行動しますので。

「もっと良い人生にしたい」

それを思うことをやめるってことです。これが「そのまま」で何もしないってことです。早い話が人生捨てろってことです。
w(゚o゚)w オオー!


ハイ。では、さっそく、

捨ててください、この人生

ぽい(´∀`)ノ⌒゜


今すぐできます。簡単です。「手放す」って、イヤっちゅーほどやってきたでしょ? これこそ「手放す」です。はいはい、さっさと捨てて捨てて。

ぽい(´∀`)ノ⌒゜



「あー、こんな人生、もうどうなってもいいや」

こうなりましたか? なったら、よくできました。
(´∀`)ノ


さて、人生捨てても、当たり前のように体は生きていますし、思考も動いています。おまけに、たったこの『いま』も、なーんも変わらずあります。

そして、人生捨てても何もしないなんてことはありません。ゼッタイになんかします。のどか渇いたらなんか飲むし、部屋が汚れていたら掃除しようと思うかもしれません。ふと、どこかに出かけようとも思うかもしれない。これが、

「創造的に生きる」

ってことなんですよ、実は(´∀`)

カッコイイ言い方をすると「解放」です。スピリチュアリティーの体現。これで神様かなんかしらんけど、高次元の存在とつながっておるのです!


「人生」なんて捨てても、あなたは昨日までと99%変わらずに生きます。ただ、

「もっと良い人生にしたい」

と、思わなくなっただけです。これだけのことで、なんか知らんエネルギーが本来の場所に戻るのです。そして、今すぐにはなーんも起こらないけれど、なんか知らんところで、すごい変革が起こり始めるのです。

「そのまま」で「何もしない」でいても、どんどんなんか知らん何かが変わって行く。これをブッダは「諸行無常」と言ったのかもしれません。「そのまま」でいても、「そのまま」でいることなんか、ゼッタイにできないのですよ。
(´∀`)



「解放」というのは、「もっと良い人生にしたい」から解放されること。

「自由」というのは、「もっと良い人生にしたい」から自由になること。

簡単じゃねーか。

人生を捨てるだけだ。

ぽい(´∀`)ノ⌒゜


安曇野のお散歩
IMG_7562

あれは鹿島槍ヶ岳だねー。
IMG_7576

展望の良い所まで登って、
どーんと北アルプス(・∀・)ノ
IMG_7588


ギャラリー
  • いいかげんに気づけよ(・∀・)
  • いいかげんに気づけよ(・∀・)
  • いいかげんに気づけよ(・∀・)
  • 続・実際の人生(・∀・)
  • 続・実際の人生(・∀・)
  • 続・実際の人生(・∀・)
  • 実際の人生(・∀・)
  • 実際の人生(・∀・)
  • 「最も愛しているもの」2
プロフィール

笑うウリエル

「わっかっちゃった人」俗に「覚醒した人」というらしい。
この世が面白くて楽しくて仕方なく、それをみんなに言いふらしたいだけのバカ。旅人でもあり、言いふらしにどこへでも行くもっとバカ。
ちなみに職業は、たこ焼屋さん

メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ