わらうりブー

自由で無限の「本来の自分」を思い起こすこと それを伝えるブログです。

雑談

「私」っておもしろい(^ω^)

「私」って、

おもしろいと感じませんか?(・∀・)

様々な側面を見せてくれて、まるで百面相です。「私」はこの世界を体験するのに、必要不可欠な道具です。「私」というのは、この肉体であり心です。

「私」ウリエルはそんなふうに見ています。
(^ω^)


この「私」は、人生から不安や不快を取り除き、快適なものにしようと日夜奮闘します。つまり、人生ってやつを幸福にしようとします。ときにはそれに、ものすごく貪欲にもなります。
けれど、何が幸福なのかは、実はぜんぜんわかっていません。
(´∀`)

あるとき、「これが幸福だ」と勝手に思って、それに向かって邁進したりします。でも、実際にその状態になってみると、べつにそれは幸福でもなんでもなかったことに落胆したりします。
また、とても幸福だとは思えなかったものが、実はとんでもない幸福だったことにも気づいて驚いたりします。
(・∀・)
つまりは幸福なんてなんなのか、よく知らないわけです。ぜんぜんわかってないわけです。だのに、人は幸福になることを諦めません。まったくもって、懲りないヤツです。

でも、

それでいいんですよ

(´∀`)

いま、幸福だと思っているものを追い求めたければ、追えばいいのです。それを体験すればいいのです。それが幸福でもなんでもなかったと気づくまで、追い求めてみればいいのです。
また、不幸だと思っているものを回避することをしたければ、それもしてみるとよいのです。それがなんの不幸でもないことに気づくまで。

というか、気づくまでやめることができません。さらには、やってみないことには気づけません。やってみたからこそ、

いま幸福だと思っているものは、明日の幸福ではなく、
いま不幸だと思っているものも、明日の不幸ではない。

ウリエルの「私」は、そのことに気づくことができました。
(´∀`)

幸不幸なんて、ただの思いこみにすぎない。「私」のとある側面が、あるとき「これが幸福」と言っているだけです。その側面が影をひそめると、それは「べつに幸福でもなんでない」になってしまうのです。逆に、また違う側面が顔を出してくると、「こんなの不幸!」と言ったりもします。こんな感じで、「私」はいろんな顔をくるくると見せます。まさに百面相です。

そこで、人はこう思います。

「私」の本性ってなんだろう?

「私」は本当は何を望んでいるのだろう?

つまりは、

「私」はどう生きたらよいのだろう?

と。


あのですね、「私」の本性なんて、

ありません(・∀・)

「私」がそもそも、ないわけですから。

そのとき、そのときの本性はあります。貪欲なときもあれば、無欲なときもある。右に行きたいときもあれば、左に行きたいときもある。それだけです。あることがとても好きなときもあり、好きでないときもある。それだけです、どっしりと置かれた「私」の本質なんてないんです。

だったら、この『いま』顕われている「私」を、ただ楽しめばよいのです。どうせ次の瞬間には、また違う「私」になりますので。ということは、幸不幸もくるくる変わっていきますので。

「いやいや、こんなの絶対に幸福ではない」

と、言っていた「私」が、次の瞬間には、

「あー、これも悪くないわ。いい!」

なんて言ったりしますので、もう放っておけばいいんです。おもしろいヤツだ、「私」ってヤツは。と、見ているだけ。
(^ω^)

でも、不思議です。これをやっているだけで、いろんなことがなぜか「うまくいく」んですよ。そして「自由」であることにも気づきます。ただ、その瞬間にしたいことをすればよいだけですから。

おもしろいヤツだ、「私」ってヤツは

と、思えないときは、「私」という役に没頭しているだけですので、それも放っておいたらよいのです。そしたら、また次の瞬間に何かやらかしますので。
(^ω^)


そんな中、昨日、私ウリエルは、まったく知らなかった「私」の側面に出くわしました。おそらく、新たなものではなく、ずっと前からあった、幼い時からある「私」、引き出しの奥のほーーー……に、あった「私」です。まったく日ごろは思いも寄らない「私」です。

その「私」の好きなようにさせました。その「私」は声を上げて泣きました。常日頃いる「私」は、その「私」の行動に驚きました。なぜ泣いているのかがまったくわかりません。

そして、現れた「私」はすぐに消えて行きました。とても懐かしいヤツでした。

そのあと、なんだか少し世界の見え方が変わっているような気がします。どう変わったのかはわかりません。

でも、なんだかずっと世界がやさしく見えます。

この世界はやさしいです。
(´∀`)

こうやって、人は何かから解放され、深まって行くんでしょうね。すべて完璧に出来上がっています。起こることは完璧です。

何が言いたいのかわかんなくなってきた。

終わることのない旅です。
(´∀`)


姫路護国神社(・∀・)つ
IMG_1646

IMG_1650
@兵庫県姫路市




あけましておめでとうございます

あけました(・∀・)ノ

2023年です。

今年一年も、きっといろんなことがありますが、

ただ『ありのまま』でいるだけで、

豊かで、自由で、とってもおもしろい一年になることは、もう決まっておりますので、あしからず。
(^ω^)

まずは、新年のごあいさつまで。

まあ、基本的に

こまけえこたぁ、いいんだよ!
21460110_624.v1672412709

IMG_8716 (1)

IMG_8707
@東天王 岡﨑神社

恩寵のスペース

私事ですが、私ウリエル、一昨日、期待を裏切られてガッカリすることがありました。
……(´-ω-`)

こういうことは、いつでもどこでも誰にでもあります。目覚めたからといって、べつになくなることはありません。

けれど、そこに

「お決まりのパターン」(`-ω-´)

があるのなら、よく注意をしておく必要があります。期待を裏切られてガッカリだけに限りません。

ケンカをするとき、そこにいつも「お決まりのパターン」がある
落ち込むとき、そこにいつもの「お決まりのパターン」がある
不安になるとき、そこにいつもの「お決まりのパターン」がある

などなど(`-ω-´)

何か苦悩に直面したとき、いつも同じような思考や感情が湧いて、いつも同じような行動をしている。そして、いつも同じような結果になる。そんな「お決まりのパターン」があるのなら、それはまだ気づいていない、エゴの信念、「こだわり」が隠れていると認識して間違いありません。
私ウリエルも、期待を裏切られ、その結果がいつもの「お決まりのパターン」になっていたことに気がついたわけです。似たようなことが以前から何度もあった。同じことを繰り返している。
(´・ω・`)

目覚めたからと言って、エゴの「こだわり」が完全になくなるわけではありません。

何かしら、まだ気づいていない「こだわり」があるみたいだ。では、その「こだわり」とは、いったい何だろう?

と、気づいて、その「こだわり」を暴くことができるところが、「目覚め」のよいところです。古い「お決まりのパターン」から抜け出して、新しい可能性を生きることができます。これが『真実』を体現して生きるということです。
(・∀・)


そこで実践するのが、まず感情をしっかりと感じきること。そして、それを「見てるだけ―」でいること。『瞑想』です。

そして、どうして「お決まりのパターン」になるのか。「どうして?」という疑問を自分自身に向かって投げかけます。『探究』です。

いろんな疑問をひとつひとつ投げかけます。すみずみまで。じゅうぶんに時間をかけて、筋道をたどって行きます。静かに、正直に。
(`-ω-´)
ここで重要なのは、思考で答えを出さないこと。そして、安直な答えに飛びつかないことです。ひとつの「お決まりのパターン」を壊すのに、何週間か何か月かかかるという心構えで取り組んでください。
自分が大事にしていることの「手放し」や、受け入れがたいことの「受け入れ」なども起こってきますが、驚かないでください。『ありのまま』に抵抗しないでください。というか、何が『ありのまま』に抵抗していたのか、正直になって暴いて行ってください。

そのように『瞑想』と『探究』を合わせて行って、彼方の岸からもたらされる『智慧』、『叡智』、『英知』を、ただ待ちます。恩寵を待つのです。
(^ω^)

いわば、

恩寵がやってくるスペース

を、作って待つわけです。
(・∀・)ノ

日常、私たちはたくさんの思考にまみれていますので、思考がギュウギュウに詰まって、

「恩寵が来るスペースがない」

と認識しておいてください。そして、『瞑想』と『探究』、そして『黙考』は、あくまでも、そのスペースを作る行為です。気づきや恩寵を手に入れに行く行為ではありません。恩寵はこちらから取りに行けません。スペースを作って待つしかないということを、しっかりと理解しておくことが重要です。
重要なことなので、もういちど言いますが、思考で出した答えは、どんなにそれっぽくても間違ってますので、ただちに捨ててください。スペースをふさぐことにしかなりません。
(`-ω-´)

恩寵は思いも寄らなかった、神のささやきのようなものです。それがやってきとき、

ア━━━(゚д゚)━━━ッ!!

とか、

ウァ━━。゚(゚´∀`゚)゜。━━ァァン

とか、

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

とか、なりますので、これが恩寵だとすぐわかります。まさに「気づき」です。ハイ。

そして、新しい自分になったことがわかります。もう以前には戻れないというのもわかります。理屈抜きで、ただわかります。それまでひたすら根気よく

「待つ」(´∀`)


以上、ウリエル流の「自由への道」でした。

参考にしてください。

(゚∀゚)アヒャヒャ


空海さんが座って『瞑想』した岩がありまして。
そこからの景色(・∀・)
IMG_1589
それから、ここも修行の地
IMG_1603
ここも。
IMG_1599
空海さん、ほら穴好きですな。穴ばっかり(´∀`)
@高知県室戸市

「クソつまらない」からおもしろい

ちょいと雑談です。

ただいまニンゲンとして生きているだけ。

私ウリエルは、こんな感覚で過ごしていることが多いです。缶コーヒーのCMの「宇宙人ジョーンズ」みたな目線でこの世界を見ています。
( ̄ー ̄)

このニンゲンという種族は、社会というものを作っていて、どーでもいいことを、さもオオゴトに、なんでも大袈裟にとらえる傾向があります。実に幼稚です。

どれも、ものすごく些細でつまらないことです。シンプルで単純なことを、わざわざ複雑に解釈して、がんじがらめに身動きが取れないようにすることが好きなようです。
それから意味のないものに意味を持たせるのも大好きです。実際、ニンゲンの社会で重要とされるものには、ほとんどが意味がないのです。
( ̄ー ̄)

正直言って、

クソつまらない

です。

あらゆる場面で他人の目を気にし、あらゆる場面でお金を気にし、あらゆる場面でわかりもしない先のことを考え、あらゆる場面で意味のない「幸福」というものを得ようとします。
そう、ニンゲンは勝手に「幸福」という、ただの概念を作り出し、それに向かって邁進するという性質がある種族みたいです。その、ただの勝手に思いこんでいる、思いこみに過ぎない「幸福」と違う状態になると、「不幸」というらしいです。
でも、そのニンゲンが勝手に思いこんでいる「幸福」は、どれひとつとして意味があるものはなく、どれもがきわめて幼稚です。
(´-ω-`)

私ウリエルも、そんなニンゲンのひとりをやっているわけですが、その幼稚さに気づいてしまいました。ニンゲン社会ほど幼稚なものはありません。ニンゲンが考えるどんな「幸福」も、所詮、意味なない幼稚なものです。

クソつまらない

ものなんです。
実際、「幸福」とされるものを手に入れても、すぐに飽きてしまいます。だって、クソつまらないものだからです。でも、飽きると新しい「幸福」をまた勝手に作り出し、それに向かって邁進を始めます。それだってクソつまらないものなのに。でも、ニンゲンはこんな行為を絶対にやめようとしません。もう、バカかと。アホかと……
(´-ω-`)

どんなに「幸福」に恵まれても、お金、健康、人間関係、安全、そして「悟り」に恵まれても、最高の「幸福」を手に入れても、それは所詮はクソつまらないものでしかなく、
私ウリエルも、残りの人生を、このクソつまらないものが、ただ現れたり消えたりする日々を生きなきゃならないことに、本当に辟易してしまいます。

そう、私ウリエルは、どんなことも、ニンゲン社会のあらゆることが幼稚で

クソつまらない( ̄ー ̄)

こんな地点に立っているわけです。これに気づいてしまいました。

だからもう、「幸福」を探すのはやめました。おもしろいこと、ワクワクすること、楽しいこと、ぜーんぶ探すのはやめました。だって、どんなに探しても、クソつまらないものしか見つからないとわかってしまったので。

もう、今すぐニンゲンやめてもいい気分になってます。

「しょーもないものをやり始めてしまったもんだ。早く終わんねーかなー」

みたいな気分です。ニンゲンでいることが、もうクソつまらないのです。
(´-ω-`)

みなさん、スピリチュアルというものに真摯に取り組んで、

『真実』ってなんだろう?

と、毎日思い続けた結果がコレです。古来、多くの目覚めた人たちが、

「人生に意味はない」

と、言っておりますが、よーするにこういうことです。コレが

「絶対の幸福」

だったんです。


……( ̄ー ̄)

この何もかもがクソつまらないと気づいたらどうなるか?

どうなるかといいますとね……

案外、このクソつまらなさが、おもしろくなってきましてね。なんかクソつまらなすぎて。
(・∀・)

意外と、クソつまらないって、おもしろいなって。バカバカしすぎておもしろいって言うのかな、

「しょーもねえーーー!」(´∀`)

って、笑っちゃうような感じですね。もう、毎日、

「しょーもねえーーー!」(´∀`)

って、おかしくてたまんない。もうバカかと、アホかと。

このクソつまらなすぎて、バカでアホなことだけにまみれていることが、いかにも「オレらしい」、ああ、やっぱりこれこそオレ。これだからオレ、まさに自分だなって感じるようなって来まして。

するとね、この世界が凄すぎて。うまく言えませんが、勝手に感謝が湧いて来て、この世界が愛おしくてしょうがなくなって。もう、すべてのものが愛おしいんです。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

古来、目覚めた人たちが『愛』だの、『感謝』だの、『絶対の幸福』だの、『すべてうまく行っている』だの言っておりますが、ああ、なるほどこういうことね、はいはい、そうね。最初からそういうことね。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

と、なりましたとさ。


みなさん、もうこの人生、この世界に、おもろいものや楽しいこと、ましてや「幸福」なんて最初からないんですよ。あったと思ってもどーせクソつまらないものです。それしかないんですから。どんなこともクソつまらないです。一度、その視点に立って世界をじっくり見てください。そこからでないと、

だから、おもしろい(´∀`)

が、見えてこないと思います。

ホントにおもしろかったんです、実は。

最初からおもしろかったんです。

おもしろいことしか体験してなかったんです。
(´∀`)

それを知るには、すべてが

クソつまらない

心境にならないとわかんないと思います。


高知から帰ってきました土佐。
高知と言えばカツオ!(゚∀゚)
IMG_1547
の、タタキでござる(´∀`)
IMG_1546
うまかった( ̄ー ̄)
IMG_1548
@高知県南国市

マインドコントロール

さて、記事をかきましょう(・∀・)つ


「マインドコントロール」

という言葉を、近頃よく耳にします。「洗脳」なんて言い方もしますね。宗教、とくにカルトと呼ばれる団体が、その信者の人たちに対して行うものとして使われていますが、それだけではありません。

「マインドコントロール」はそこら中にあって、私たちは「マインドコントロール」の中で暮らしていると言ってもいい。そんな見方もできます。

例えば、社会の常識とか道徳というものも、一種の「マインドコントロール」だという見方もできます。
お金をたくさん稼いだほうがいいとか、勉強してよい学校に行った方がいいとか、結婚して家族を持ったほうがいいとか、人に親切にしたほうがいいとか、世間一般に広く行われた「マインドコントロール」ととらえることもできますね。
( ̄ー ̄)

べつにそうじゃなくても生きて行けるわけです。シアワセにだってなれます。でも、そう教え込まれて、たたき込まれ続けた結果、

「こうあるべき」

と、多くの人が思い、考え、行動するように誘導されてしまっているわけです。もうこれは、立派な「マインドコントロール」と言えるのではないかなと思います。

そして、誘導されている側は、これで「幸福」に向かっていると思いこんでいるのですが、実際に「幸福」になるかどうかは知りません、「幸福」にならなくても、「不幸」になっても、責任はとりません。というのが、誘導する側の姿勢です。
( ̄ー ̄)

マスクをしていたのにコロナになった。でも、マスクをしろと言っている人たちが責任をとってくれるわけではありません。旧なんちゃら教会と、同じ構図です。あ、マスクも、これ「マインドコントロール」ですよね。実際にどれくらい効果があるのかはいまだに不明。屋外ならもう外していいですよと言っても外さない。これも、旧なんちゃら教会と、同じ構図です(笑)


んで。(・∀・)ノ

「マインドコントロール」というのは、誰かから、外側から、無理やりにされるように思ってしまいますが、実はそうではありません。「マインドコントロール」は、

自分で自分にする

ものなんです。

旧なんちゃら教会の信者さんが、どんなことを言われたり、されたるするのかは知りませんが、あれやこれやとされた結果、最終的に、

自分で自分にする

わけです。ツボを買えば幸せになる、買ったから幸せになると、自分で自分に思いこませるようになるわけです。思考が思考にするとも言えますね。

自分が自分にしていることに気づかないから、「マインドコントロール」を解くことがムズカシイわけです。外側からされているものだったら、旧なんちゃら教会から引き離してしまえばすぐ解けます。でも、そうならないですよね。
自分で自分を「マインドコントロール」しているからです。
( ̄ー ̄)

でね、何が言いたいかと言うと、私たちは、この自分で自分を「マインドコントロール」することを、生きている中でし続けているわけです。マスクを外していいよと言われても外さないのも、そのせいです。コロナ前はマスクなんてしていなかったのに、いつのまにか自分で「しなきゃいけない」、「していないと不安」、さらには「する自由だってあるだろ!」くらいにまで、思いこむようになってしまったんです。「マインドコントロール」です。「自己催眠」と言ってもいいんですよ。

日ごろ、みなさんがとるいろんな言動も、この「マインドコントロール」、「自己催眠」からの言動が、実はたくさんあるんですよ。それがあまりにも無意識で染み付いてしまっているので、自分が自分にしている「マインドコントロール」だと、もう気づかなくなってなっているだけです。ただ、あなたはそれを

「正常」(`-ω-´)

と、思いこんでしまっているだけです。

例えば、「学校に行く」、「会社に行く」、「集会に行く」
行けない日もあれば、行きたくない日もあるわけです。行かないとペナルティーがあるかもしれないけど、法律で裁かれるわけではない。でも、そのペナルティーが怖いから行く。そのうち、行くのが「正常」で「合理的」であると思いこんでしまい、行かないという選択肢は抹殺して、ないものとする。

「挨拶をする」
挨拶なんてしたくないときもあれば、したくない相手もいるんです。でも、挨拶すれば、何かいい経験が何度かあったので、挨拶はした方がトクをすると思うようになり、それが勝手な「マイルール」になり、それをしている自分が「正常」と、思いこむようになる。

自分の中では「正常」と思いこんでいるので、自分の「正常」とはちがう行動をしている人を見ると、

腹が立つ (#`皿´) ムキー!

のです。レジに並んでいるときに横入りされた。なんで腹が立つのかというと、レジの順番は守るのが「正常」と、あなたが思いこんでいるからだけなんです。
ツボを買った人も、それが「正常」と、自分で自分に思いこませているだけですよね。同じです。


この二元の世界では、思考が作り出した価値観や意味づけ、条件づけは、必ずうまく行きません。そうなっています。これが『真実』です。
「マインドコントロール」は思考が思考にするものなので、ということは、

必ず破綻します

これが「エネルギーのムダ遣い」なんですよ。
(・∀・)ノ


そして、

「私」という個人がいる

「私」はこの世界の中のひとりの人間、70憶いる人間のうちのひとり。

というのも、思考が思考にしている、実は「マインドコントロール」です。
(´∀`)


カルトでされた「マインドコントロール」を解くために、どんな手段が取られているか知っていますか?
その「マインドコントロール」をされた人の、

「正常」な思考回路を断つ

なんです。

「正常」なんてもん、『真実』にはありません。

あなたの頭の中にある、「正常」という思考回路、断ってみてください。
(´∀`)ノ

いろんな「正常」を断っていくと、やがて「私」がいるという「正常」も、断たれていきますよ。


なんか写真がないな。

「遠足」(´∀`)

でも貼っとくか。
IMG_8341
人形峠@鳥取県三朝町・岡山県鏡野町

ギャラリー
  • 慌ててもとに戻りますので(・∀・)
  • 慌ててもとに戻りますので(・∀・)
  • どうしていつもこうなるの?(´・ω・`)
  • どうしていつもこうなるの?(´・ω・`)
  • オープンに( ・Д・)
  • オープンに( ・Д・)
  • 「私」っておもしろい(^ω^)
  • 「私」っておもしろい(^ω^)
  • ちょこっと引くだけ
プロフィール

笑うウリエル

「わっかっちゃった人」俗に「覚醒した人」というらしい。
この世が面白くて楽しくて仕方なく、それをみんなに言いふらしたいだけのバカ。旅人でもあり、言いふらしにどこへでも行くもっとバカ。
ちなみに職業は、たこ焼屋さん

メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ