わらうりブー

自由で無限の「本来の自分」を思い起こすこと それを伝えるブログです。

第四章

あなたはニンゲンじゃないんです

この世界はとっても広くて、自分はその世界の中に生きているひとりの人間……

この世の中の大半の人が、そう思っているわけです。あなたも、そう思うことに、

慣れすぎているだけ(・∀・)

なんです。

どこかに行こう、何かを食べようと思い立って行動する。何かをするのは、この体と心をで、それをしているのは「私」という人間。そして、それが自分。そう思うことに、

慣れすぎているだけ(・∀・)

なんです。


すっかり慣れて、もう慣れすぎていることを、変えたりやめたりすることは、ちょっと面倒くさいものです。また、ちょっと勇気もいります。だから、ついつい、慣れていることをダラダラとそのまま続けてしまうのです。そうやって、

「なまけぐせ」(´Д`)

がついてしまっているんだと、自覚している人は、どれほどいるでしょうか?
まず、私たちは、この「なまけぐせ」から、脱出しないといけません。
(・ω・)

まったく慣れていないことをするとき、そこには「未知」が待ち構えています。

「わからない」(´・ω・`)

ことだらけです。だから、「なまけぐせ」からの脱出を試みるときは、まず、この「わからない」を歓迎して受け入れなければなりません。

「わからない」ままに進むことは、とても不安定で危険ですので、じっくりとよく確認しながら進まないといけません。この作業が面倒くさいので、ついつい慣れ親しんだほうに行ってしまうのです。でも、面倒くさがってはいけません。怠惰な姿勢のままにいては、結局、何もおもしろいことも素晴らしいことも起きないと言うことは、あなたがいちばんよく知っているはずです。
(・∀・)



では、「未知」の世界に行きましょう(・∀・)ノ

あなたは本当にニンゲンですか?

……( ・Д・)?

昨日も人間だったし、今も人間だし、生まれてこのかたずーっと人間だと思っていることに慣れすぎています。でも、ちょっとよく考えてみてください。
「人間に決まってる」としてしまうと、慣れすぎた同じ道を行くことになります。もしかしたら、人間だと思っているだけで、ちがうものかもしれません。そう思ってみることが大事です。天使や悪魔かもしれないし、幽霊とかお化けかもしれません。もっとも「人間っぽい何か」というだけで、実は未知の存在かもしれません。間違いなく人間であるということを、ここで今すぐ証明してください。
(・∀・)ノ


私ウリエルは、みなさんにハッキリこう言います。

あなたはニンゲンじゃありません

その体や心でもありません

(・∀・)ノ

すると、「じゃあ、いったい何なの?」という「わからない」がドーンと現れますね。ここで、やっぱり人間ということにしてしまえば、慣れ親しんだ道を行くことになります。ラクチンなほう、怠惰なほうです。でも、「わからない」ほう、「未知」のほうに行こうとすれば、立ち止まらないといけません。

立ち止まってください(・∀・)

「わからない」がわかるまで動けません。もしかしたら、この体が寿命を迎えて死んでしまうまで「わからない」ままかもしれません。それでも立ち止まってください。

「いいよ、一生わからなくても」

と、開き直るのもまた「なまけぐせ」ですよね。怠惰な慣れ親しんだ道ですよね。

「わからない」に立ち止まり、「わからない」を考え続け、「わからない」を味わいつくしたとき、光が不意に差し込みます。だから、ただひたすらそこにいてください。


あなた以外は全員人間かもしれません。おそらく全員人間です。でも、

あなたはニンゲンじゃないんです

だから、あなた以外、自分自身以外の人のことは、いっさい考えないでください。ゼッタイにと言っていいほどです。「他の人はどうなんだろう?」とか、微塵も考えてはいけません。どんなに愛している人でも、肉親、我が子であっても、その人はあなたではありません。人間でないのは、本当にあなただけなのです。

そして、他の人はおそらく全員人間ですので、答えはどこにもありません。だから、いかなる教えの中にも見つけることはできません。あなた以外に答えを知ることができないんです。言いかえると、その答えは自分自身以外の誰も持ってないんです。つまり、自分が見つけるしかないので、必ず見つけられると言うことです。「なまけぐせ」にさえ浸らなければ。

ただ「わからない」にひたすら向き合うだけです。そこにだけ努力してください。努力でもありません。ただ「わからない」と向き合ってじっとしているだけですから。答えを探そうと動き回ることをやめて、ただじっと「わからない」を味わいつくしてください。「わからない」を歓迎して、「わからない」と共にずっといてください。


あなたはニンゲンじゃないんです

その体や心でもありません


じゃあ、なに?

なんでしょうね?( ̄ー ̄)


ぃょぅ(*・ω・)ノ
IMG_8926

IMG_8934

IMG_8930
新宿駅・新南改札@東京都渋谷区

新宿駅って、新宿区と渋谷区にまたがってるんですね。

心の中を観察してください

心の中を観察してください(・∀・)

この『いま』、心の中にある感情を、ただ感じてください。
(・∀・)

「心」と言うのは、思考と感情が合わさったものだと、私ウリエルは理解しております。だから、まず自身の「心」を観察しないと、この『いま』の感情がどんなものかわかりません。

何も操作せずに感じてくださいね。
(´∀`)

たったこの『いま』の「感情」と言っても、よくわからないですよね。明らかに腹が立っていたり、不安で悩んでいたり、嫉妬していたりしたらわかりやすいのですが、そうでないときは、名前がないエネルギーが、なんか動いているようないないような…… そんな感じじゃないかと思います。そんな名前のないエネルギーに、あえて名前をつけなくてもいいんです。ただ感じてください。できるだけ正直に。
(・∀・)ノ

そうやって心の中を観察してください。「観察者」、「見守る者」、

「見ているヤツ」(・∀・)

と、呼ばれている者になってくださいね。


あなたが観察しているということは、観察されているほう、つまり、その心は、あなたじゃないんですよ。これが「気づき」です。そして観察しているほうも「気づき」と呼ばれています。「気づき」が観察しているんです。だから、

「気づきが、それ自身に気づいている」

言葉ではこうなってしまいます。でも、やっぱり言葉ではうまく説明できません。不可能。けれど、
「心の中を観察できなかった。そんなのムリ!」
という人はいないでしょう? だから、本当は誰もが気づいているんですよ。
(´∀`)


この「心」を自分だと思いこんでいるわけですが、「心」は「マインド」なんて言い方もされますね。この「心」を観察することを、クセにしてください。この「心」を観察していると、客観的で冷静な感覚になりますよね。「見ているヤツ」には何の感情も思考もありません。
ものすごく怒っていたり、動揺していたとしても、それを見るとき、見ている者には感情がまったくないことがわかりますか? その「見ているヤツ」が、

「本来の自分」(・∀・)

なんですけど。

心の中を観察し見ている者が、本当のあなたです。それだけのことなんですよ。


心の中を観察し続けてください。ところで、心ってどこにあります?
(´・ω・`)

体の中にあるって思いこんでるだけで、どこにあるかよくわかりませんよね? もしかしたら、体とはぜんぜん関係のない場所にあるような気もしませんか? 
「心の中が明日のことでいっぱいだ」とかいうときありますね。そんなとき心はどこにあるんでしょう? 明日?
(´∀`)
まあ、どうも体の中に、”ちゃんとある”と思っていただけかもしれない。本当はどこにあるかわからない。それでいいので、そう認識していてください。

とにかく、心の中を観察し続けてください。観察しているときだけ、「本来の自分」に戻っているんです。観察しているときだけ、エネルギーが本来あるべきところに戻って来ているんです。

いろんな思考が現れては消え、いろんな感情が現れては消え、そうしているのを観察してください。昨日は「好き」だったけど、今日はそうでもないなとか、正直に『いま』の心の中を観察してくださいね。
気分が悪くなるものも、遠ざけたくなる感情も、正直に観察してください。観察するだけです。

そうしているうちに、いろんなことがわかってくるんですよ。観察しているときだけ、大いなる源泉、『智慧』の泉にエネルギーが戻りますので。すぐには何もわかりません。でも、観察することをクセにしていると、いろんなことが、あなたの段階に応じてわかります。

知識として入れておくとよいのは、今はわからなくても、観察しているこの「心」は、

「自分ではない」

ということです。残念なから、これは思考ではわからないのです。恩寵として『智慧』の泉から与えられるのを、待っているしかありません。でも、時期が来ればわかります。その時期は、誰もコントロールできません。


ただ、観察するだけなんですよ。観察したものは、再び思考を通して理解されます。そして、それをまた観察する。それの繰り返し。
とても地味ですが、それが「導かれる」ということなので。
(・∀・)

なーんも難しいことではありません。観察するだけですから。頭でいくら考えてもムダなんです。なので「気づき」に関して考えるのはやめて、ただ観察しつづけてください。
「本来の自分」に戻ったエネルギーは、あなた自身を刺激して、あなたのまわりの人も刺激します。そうして新しい世界への、未知の世界への扉が開かれて行きます。

それがやがて、あなた自身が

すべて『愛』

に、なり、自分自身が

「永遠の命」

であることがわかるんですから。

観察するだけで(´∀`)


ウトナイ湖(・∀・)
IMG_0486 (1)

IMG_0502
@北海道苫小牧市


一体何を恐れているの?(´∀`)

自分自身を見つめていると、あっという間に「考えごと」のほうに没頭してしまいます。
ただ、

「見てるだけー」

で、い続ければよいのですが、なかなかそうはいきませんよね。
(´・ω・`)

「見てるだけで―」ではいけない気がするんですよね。なんかわかんないけど、このままではいけない、もっと考えないと、何かしないと。そんな気分に知らない間になっちゃうんです。んで、結局、ムダな考え事や行動をしてしまいます。
(´∀`;)

分離した「私」に引き戻すエネルギーは、まあ、単純に言うと「恐れ」です。「私」は「恐れ」、「恐怖」を土台として出来上がっていることを、まず理解してください。

それを恐れているのに「見てるだけー」でいるって、ものすごくたいへんです。ですよね?
(・∀・)
その「恐れ」をすぐさま克服しようとして、いろいろ考えたり、ときにはそれを行動に移しているんですよ。そんな仕組みになっているのが、わかりますか? そんな仕組みになっているはずですので、そこんとこよく観察してみてください。

でも、

「恐れ」もあっていい

のですよ。
(´∀`)

それが『いま』のありのままですから。

「私はこれをいま恐れているんだ」
「昔からずっとこれを恐れているな」

って、正直に認めるだけでいいんですよ。大切なものを失う、好きなことができなくなる、そうなると悲しいし辛いです。そんな悲しいや辛いを回避しようと、いろいろ考えてしまっているんですよね。ただ、その悲しいや辛いは、この『いま』は、まだ起こっていません。単なる当て推量なんですけど。早い話がアホな幻想です。


まあ、こんな仕組みになっているのですが、この仕組みに

気づいていない(´・ω・`)

ことが、最大の問題なわけです。ほとんどの人が無意識で無関心なんです。無意識に恐れて、無意識に「私」に埋没しているんです。だから、まず、

仕組みを理解してください(・∀・)

なるほど、私が恐れているものはこれなんだ。だから、「私」に引き戻されるんだ。

って。

これだけ(´∀`)ノ

ほんとに、コレだけ(`・ω・´)ノ


どうしても「恐れ」がなくなった方が、快適で自由になりそうな気がするので、なくなってほしい、消えてほしいと思ってしまうんですが、それが「私」に引き戻されて、埋没する原因です。そんな「恐れ」もあっていいのです。「恐れ」があるから、うれしいや楽しいも引き立ちます。「恐れ」は大事な調味料や隠し味、スパイスみたいなもんです。完全になくなったら、なんかマヌケな味になるんですよ。ハラハラとかモヤモヤすることがない単調なドラマ、つまんないでしょ?


「恐れ」もただ、

「見てるだけー」

で、いいんです(´∀`)

「見てるだけ―」でいるうちに、なんかその「恐れ」も愛おしくなってきたり、どーでもよくなってきたりするんです。そして、この「恐れ」も楽しんでいたことに気づきます。

「わあ、この恐れ大好き!」

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

というふうに、なっちゃうんですよ。調味料ですからね。その味がまたいいんです。


ただ、「見てるだけ―」です。

べつに、なーんもしなくていいんですよ。「自律」してますからね。
(´∀`)


たまには、わが街のシンボルでも( ・Д・)
IMG_8896

IMG_8890
@兵庫県姫路市

「自分を信じる」って何もしないことなの

さて、お正月も終わり、本格的に2022年が動き出しました。
(・∀・)

今年一年、みなさまの「次元が上がる」よう、またタラタラとブログを書いていきますので、よろしくお願いします。「次元が上がる」というのは、このブログ的には、

「視野が大きくなる」
「世界が広がる」
「知らなかった自分を知る」

ということです。かっこよく言うと、「自我」という檻から出るということでしょうか。まあ、言葉はどうでもいいんです。3次元世界が、5次元とか26次元とかになるという意味ではありません。また高次元の存在とコンタクトを取れることでもありません。ややこしくとらえないでくださいね。
(´∀`)

次元が上がれば、自然に悟るし、自然に「苦」も消えて行くし、「歓び」を感じていきるようになるんです。
べつに「これが悟りじゃ!」とか「これがアセンションじゃ!」なんてものは、知らなくてもいいんですよ。


さて。(・∀・)

「自分を信じて」

よく聞くし、よく使うフレーズです。みなさんはこのフレーズを耳にするとき、どんな意味やどんな印象でとらえていますか?
一般的には、そうですね、

信じて一生懸命に取り組めば報われる。

信念を貫き通せば達成できる。

こんな感じにとらえているんじゃないでしょうかね?
(´∀`)

わらうりブー的には、そうじゃないんですよー。まったくちがいます。もうまるで反対です。

あらゆる信念を捨てること(・∀・)

これが「自分を信じる」ということになります。「私」ではなくて、「本来の自分」を信頼するってことですからね。わらうり的には、「私」が持つあらゆる信念はウソ、USO800ですので。
(´∀`)


では、具体的に実践していきましょう。

例えば、何かしなければならないことがあるとき。「しなければならない」と思いますよね。当たり前です。仕事や人間関係や日常のいろいろなところで、この「しなければならない」に出会います。また、もっと大きな人生の目標のような「しなければならない」もありますね。この「しなければならない」

捨ててください(・∀・)

ああ、捨ててかまいません。( ゚∀゚)ノ⌒゜ ポイ

捨てて、あとは何かが動き出すまで待つだけです。「よし、やろう」という気持ちが起こればしてください。起こるまで放置していてかまいません。どうしてもヤル気が起きなければ、しなくてかまいません。本当にやらなければならないことなら、放っておいても「本来の自分」がそうさせますので、それでいいんです。
(´∀`)

例えば、どうしようか迷ったとき。ああすればこうなる、こうすればああなる。どうしていいかわからない。だから考えて考え抜きます。その「考えること」

捨ててください(・∀・)

( ゚∀゚)ノ⌒゜ ポイ

死ぬほど考えたところで、たかが知れてます。世の中、どうせ考えも及ばなかったことが起こるんです。そもそも、迷うと言うことは、その考えていることが、たかが知れてるから迷うんです。ムダです。何も考えず、ただ起こること、思いつくことに従えばよいのです。「自分を信じて」
(´∀`)
ただ起こること、ただ思いつくことに従うには、頭の中をからっぽにしておかないとね。考えていては見逃します。

例えば、あせりを感じるとき。また、何かに追い詰められたとき。人は必死でもがきます。なんとかこの窮地から脱しようと、あらゆる手を尽くします。その「もがくこと」

捨ててください(・∀・)

( ゚∀゚)ノ⌒゜ ポイ

もがいてもムダです。なるようにしかなりません。でも、「なんかこうすればよくね?」みたいなことが、どこからともなくひらめいたりすることもあります。それに期待するだけです。「自分を信じて」
(´∀`)
必死でもがいていると、この「ひらめき」も見逃します。「本来の自分」は、すべてお見通しですので、それに任せておけばいいのです。なんせ「本来の自分」のための世界なんですから。どんなことになろうと、その体験は必要な体験なはずです。だから、体験しましょう。

「自分を信じて」(・∀・)


「本来の自分」を信じるということは、ただこの世界、今生きているということを、ただ信頼すると言うことです。それは、起こることに従い、思いつくままに行動すればよい、ということです。

そんなことすると人生がムチャクチャになる!

と、「私」は言いますが、その「ムチャクチャになる」

捨ててください(・∀・)

( ゚∀゚)ノ⌒゜ ポイ

あなたが思っている「ムチャクチャじゃない人生」の方が、実は

ムチャクチャ(ノ`Д´)ノ

なんですよ。自分をまーったく信頼していないから、そんな人生にしたい、するべきと思っているんです。
(´∀`)

あなたが思う「正しい人生」、「真っ当な人生」、「フツーの人生」
それらはどんなに正しく、真っ当で、フツーに思えても、ウソのウソのUSO800ですから、

捨ててください(・∀・)

( ゚∀゚)ノ⌒゜ ポイ


よーするに、「自分を信じる」とは、

「何もしないこと」

なんですわ。(´∀`)ノ⌒゜ ポイ

これで次元が上がります。
(´∀`)ノ⌒゜ ポイ


新年らしい写真が撮れたでござる。
IMG_8812
富士岡駅@静岡県御殿場市

ついでに富士山から昇る太陽を作ってみたでござる
(´∀`)ノ
IMG_8851
国府津海岸@神奈川県小田原市

が、願望実現?(゚∀゚)??

年の瀬です(・∀・)ノ

この時期になると、年末ジャンボ宝くじの話題なんかもよく耳にします。

「当たったらどうしよう!?」

なんせバカでかい金額。10億円(・∀・)ノ
あれしようこれしよう、いろいろ想像に胸ふくらませワクワクできますね。そう、宝くじというのは、この

ワクワクを買うのです

ワクワクはみーんなできます。宝くじを購入した瞬間から、当選発表の日までワクワクできます。そして、当たっているかどうか見るとき、ドキドキもできます。この

ドキドキも買ったのです

買ってないとできませんね。でも、買ったらワクワクドキドキできます。このワクワクドキドキができたら、それでじゅうぶんなのです。こんなにワクワクドキドキできて、

「あー、楽しかった」(´∀`)

これで、もう感謝なのです。当たろうがハズレようが(まず、当たりません)こんなに楽しめたんだから、それでいいんだと思えます。ハズレたときのガッカリも、また味わい深い。
(・ω・)


さて。(・∀・)

「本来の自分」を体現して生きる、スピリチュアリティを実践するということは、この宝くじの楽しみ方と同じなんですよ。
「気づき」や「目覚め」を得ることなんて、悟ることなんて、本当はどうでもいいのです。実際に、そんなことまったく知らなくても、イキイキと、自由に豊かに、人生を謳歌している人はたくさんいます。そういう人たちをよく観察してみてください。そのような人たちに共通していること、それは、ただ純粋にワクワクドキドキを楽しんでいるということです。

たった、この『いま』の(・∀・)

ワクワクドキドキしている、胸の内から湧き起こるエネルギーを楽しんでいる。これだけなんです。結果がどうなろうと知ったこっちゃありません。そんなもん、わかりっこないのですから。でも、この『いま』、ワクワクドキドキできているのは確かなのです。

で、(・∀・)ノ

みなさん、来年はひとつ、このことを意識して日々を過ごしてみてください。


胸の内からいろんな欲求や願い、そして感情が湧いてきます。
「これが欲しい」
「こうしたい」
「こうなったらいいな」
何かが欲しいなと思った、どこかに行ってみたいなと思った、誰かに会いたいなと思った。そして、そう思ったら、その願望が実現したらいいな、どうやったら実現できるかと人は思います。そして、いろいろ思考を働かせます。でもね、その前にまずちゃんとすべきことがあるんですよ。

まず、ちゃんと、ちゃーんとしっかり、そのとき湧き起こったワクワクを、この『いま』あるワクワクを、

楽しんでください(´∀`)

こんなことにワクワクできるんだ。「いいな、いいなーこの感覚」って。

ワクワクってステキです。胸の中がパッと明るくなりますね。とても心地よいエネルギーでイキイキと躍動してます。これをちゃーんと満喫してください。そして、こんなにワクワクできる自分に、

感謝してください(´∀`)

他人から見たらどうでもいいと思うこと、世間一般では無価値なことでも、自分はこんなにワクワクできるんです。楽しめているんです、この『いま』を!
こんなにステキでありがたいことはない。こんなにステキなワクワクが湧いてきたこと、与えられたことに感謝せずにはおられません。

そして、このワクワクは『いま』しかないのです。仮に願望が実現したら、また違ったものに変わってしまうかもしれないし、色あせて消えてしまうかもしれないのです。だから、願望実現なんてホントはどうでもいいのです。実現より、この『いま』のワクワクと、ワクワクできている自分、これが大事で、これこそ、これだけなんです。
(・∀・)

人を好きになったら、好きになれたこと、好きになっている自分に感謝すればいいのです。

「ああ、こんなにステキな感情があるんだ!」

って。その人を得よう、自分の所有物にしようと思うから、なんかややこしくて、おかしなことになっていくのです。そんなことより、ただ、この『いま』にある、「好き」という感情を思いっきり堪能すればよいのです。好きでいることができる自分に喜び、感謝すればいいのです。


たったこの『いま』に起こっているワクワクを感じて、ワクワクできていることに喜び、感謝してください。そして、いろいろ空想、妄想もしますよね。「実現したら」って、その空想や妄想も楽しんでください。いろんな妄想が湧いて来る自分に感謝してください。

どうやったら実現できるかとか、

いっさい考えないこと(`・ω・´)

これが大事。

すると思考は、
「そんなことじゃ、ダメでしょ」
「そんなことしてても、しょうがないよ」
と、否定的に言いますよ、たぶん。でも、放っておいてください。

ワクワクで静止してください。そこからどこかに行ってしまわないでください。ワクワクだけに注目してください。何もしなくていいんですよ。

するとね、やがて、おもしろいことが起こってくるんですよ。なんとも言い表せない「不思議」が起こり始めるんです。

でも、すぐには何も起きません。だから、あわてないでくださいね。思考はせっかちですから、
「ほら、やっぱりダメじゃん」
って、言いますけどね。放っておいてください。

難しくないです。静止するだけですから。まあ、「何かしなくてはいけない」と急かしてくる思考を放っておくのが難しいくらいかな。そういう思考をガン無視してください。やることは思考の無視だけで、基本的には

何もしない(・∀・)

です。「なるようになれ」です。

んで、何が起こるかは、お楽しみ。

それは自分自身で確かめるしかありません。

でもね、

「この世界の不思議」

それを、身をもって体験することになります。
ぜひ、来年の生き方にしてみてくださいな。


ではでは、今年最後の記事でした。

みなさま、良いお年を(´∀`)ノ


最近の写真がなくなったチューリップでも貼っとこ。
黒いチューリップ(・∀・)
IMG_7091

IMG_7089
フツーのチューリップ(´∀`)
IMG_7101
@京都府京丹後市
ギャラリー
  • あなたはニンゲンじゃないんです
  • あなたはニンゲンじゃないんです
  • あなたはニンゲンじゃないんです
  • 心の中を観察してください
  • 心の中を観察してください
  • 一体何を恐れているの?(´∀`)
  • 一体何を恐れているの?(´∀`)
  • 「自分を信じる」って何もしないことなの
  • 「自分を信じる」って何もしないことなの
プロフィール

笑うウリエル

「わっかっちゃった人」俗に「覚醒した人」というらしい。
この世が面白くて楽しくて仕方なく、それをみんなに言いふらしたいだけのバカ。旅人でもあり、言いふらしにどこへでも行くもっとバカ。
ちなみに職業は、たこ焼屋さん

メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ